細川利庸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
細川利庸
時代 江戸時代後期
生誕 宝暦4年7月28日1754年9月14日
死没 文化2年2月17日1805年3月17日
別名 熊五郎(幼名)→利庸
墓所 東京都品川区北品川の東海寺妙解院
官位 従五位下、能登
幕府 江戸幕府
熊本新田藩
氏族 細川氏
父母 父:細川利寛
母:房姫(清寿院、細川利恭の娘)
養父:細川利致
兄弟 利業、利意、利致利庸、戸川等之
正室:輝姫内藤頼尚の娘)
継室:栄姫南部利雄の娘)
側室:全操院(村松吉川/7代利国生母)、恵明院(白鳥氏)、イソ、スミ江、タヲ、よりつ
利国利愛、利安、利和、利豊、興津利器、黒沢方利、八男、光容院(毛利元義正室)、娘(戸川安民正室)

細川 利庸(ほそかわ としつね)は、肥後熊本新田藩の第6代藩主。

生涯[編集]

宝暦4年(1754年)7月28日、第4代藩主・細川利寛の四男として生まれる。天明元年(1781年)に兄で第5代藩主の利致が死去したため、その養子として跡を継ぎ、同年12月に従五位下、能登守に叙任する。寛政3年(1791年)、藩校・成章館を創設した。

文化2年(1805年)2月17日に死去した。享年52。跡を長男の利国が継いだ。