細川利用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
細川利用
時代 江戸時代後期
生誕 文化5年2月12日1808年3月8日
死没 元治元年5月16日1864年6月19日
改名 邦衛(幼名)、利用
墓所 熊本県玉名市高瀬の大覚寺
官位 従五位下能登守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉家慶家定
肥後熊本新田藩
氏族 高瀬細川家
父母 細川利国、森田氏
細川利愛
戸田氏庸娘宝子
山川氏、千代野氏、鈴木氏、西田氏、浦尾氏
利祐、鳳台院ら4男4女
利永
テンプレートを表示

細川 利用(ほそかわ としもち)は、江戸時代後期の大名肥後国熊本新田藩9代藩主。官位従五位下能登守

生涯[編集]

文化5年(1808年)2月12日、7代藩主・細川利国の長男として誕生。文化7年(1810年)に父が死去したとき、幼少の上に生母が側室だったために跡を継げなかったが、文化9年(1812年)3月に叔父で8代藩主・細川利愛の養子となり、天保4年(1833年)11月8日に利愛の隠居で跡を継いだ。同年12月に従五位下、能登守に叙任する。

男児のほとんどが早世し、残っていた三男・利祐も幼少のため、従弟(先代・利愛の三男)の利永を養子とし、安政3年(1856年)7月21日に家督を譲って隠居した。元治元年(1864年)5月16日に死去した。享年57。

系譜[編集]

子女は4男4女