細川宣紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
細川宣紀
Hosokawa Nobunori.jpg
細川宣紀像(永青文庫蔵)
時代 江戸時代中期
生誕 延宝4年11月20日1676年12月24日
死没 享保17年6月26日1732年8月16日
改名 竹之助(幼名)、利武(初名)、宣紀
墓所 京都府京都市大徳寺高桐院
官位 従四位下侍従越中守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家宣家継吉宗
肥後熊本藩
氏族 高瀬細川家肥後細川家
父母 細川利重、葉山氏
細川綱利
兄弟 利昌宣紀清涼院細川綱利養女
與幾、際、民、利加、佐衛
宗孝、花姫、喜和姫、重賢、千代姫、
豊姫、衛世姫、幾姫、津與姫、長岡紀休、長岡興彭
テンプレートを表示

細川 宣紀(ほそかわ のぶのり)は、江戸時代中期の大名肥後国熊本藩4代藩主。熊本藩細川家5代。官位従四位下侍従越中守

治世[編集]

熊本新田藩主・細川利重の次男として誕生。幼名は竹之助、のち初名の利武(としたけ)を名乗る。元禄10年(1697年)、宗家熊本藩から5000石を分与されるが、熊本藩第3代藩主であった伯父(利重の実兄)の細川綱利の嫡子だった吉利が早世したため、綱利の甥である利武がその養嗣子に迎えられた。正徳2年(1712年)に綱利から家督を譲られて熊本藩藩主となり、まもなく6代将軍・徳川家宣より偏諱を授かって宣紀と改名する(隠居した綱利は2年後に死去する)。

治世の大半で、熊本藩には旱魃飢饉虫害イナゴの大発生、洪水、疫病、台風と天災が立て続きに起こり、綱利時代の浪費財政も影響して、その治世は多難を極めた。

特に享保7年(1722年)からは連年のように天災が起こり、イナゴが大発生した享保17年(1732年)には、凶作で餓死者が6000人近くも出たと言われている。しかも同年、熊本藩は幕命によって利根川普請で15万両の支出負担を担い、藩財政は破綻寸前となった。

このように天災が起こり、熊本藩が混乱する中での享保17年(1732年)、57歳で死去した。跡を四男・宗孝が継いだ。墓所は京都府京都市大徳寺高桐院

系譜[編集]

  • 父:細川利重(1647-1687) - 熊本新田藩初代藩主。
  • 母:葉山氏
  • 異母兄: 細川利昌 - 熊本新田藩第2代藩主。
  • 養父:細川綱利(1643-1714) - 熊本藩第3代藩主。利重の実兄(宣紀の伯父)にあたる。
  • 養兄・従兄:細川吉利 - 綱利の嫡男。藩主を継ぐことなく早世。
  • 細川宣紀(利武)
  • 側室: 與幾(小田野氏)
    • 長男: 竹之助 - 3歳で夭折。
    • 次女: 亀姫 - 6歳で夭折。
    • 三女: 名世姫 - 5歳で夭折。
    • 次男: 万次郎 - 1歳で夭折。
  • 側室: 際(映心院、鳥井氏)
    • 長女: 蔵姫 - 6歳で夭折。
    • 三男: 八三郎 - 6歳で夭折。
    • 五女: 富姫(1716年 - 1718年)
    • 四男: 細川宗孝(1716-1747) - 初名:長岡紀逵/紀達、熊本藩第5代藩主。
    • 八女: 喜和姫(1720年 - 1754年、禰々姫、香厳院、宗義如正室)
    • 九女: 千代姫(1722年 - ?、三千姫、照姫、安藤信尹正室)
    • 五男: 龍五郎 - 家老・木村豊持の養子となるが、3歳で夭折(代わりに利昌の子・豊幸が豊持の養子に迎えられた)。
  • 側室: ?(不明)
    • 四女: 村姫(1714年 - 1716年) - 夭折。
  • 側室: 民(安野氏)
    • 六女: 勝姫 - 3歳で夭折。
    • 七女: 花姫(1720年 - 1778年、八代姫、清操院、讃岐高松藩主松平頼恭正室)
    • 十一女: 衛世姫(悦姫、寿鏡院、家老(米田氏)・長岡是福(是容の曽祖父)室)
    • 十三女: 津與姫(小笠原長軌室、長軌は家老小笠原家の第6代当主で小笠原秀清(少斎)の子孫にあたる)
    • 八男: 長岡興彭(おきちか、幼名:長七郎、初名:長岡紀近(のりちか)) - 家老(細川(長岡)刑部家)・長岡興行の養子。
  • 側室: 利加(岩瀬氏)
    • 六男: 細川重賢(1721-1785) - 初名:長岡紀雄、熊本藩第6代藩主。
    • 十女: 豊姫(1723年 - 1746年、常姫、岑姫、織田信旧(信舊)正室)
    • 十二女: 幾姫(1725年 - 1794年、以久姫、成姫、軌姫、清源院、宇土細川興里正室)
  • 側室: 佐衛(友成氏)
    • 七男: 長岡紀休(のりよし、幼名:伊三郎、初名:長岡紀豊(のりとよ))

上記の通り、宣紀には多くの子女がいたが、その大半(主に初めの方に生まれた子)は早世している。

出典[編集]