細川斉茲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
 
細川立禮/細川斉茲
Hosokawa Narishige.jpg
細川斉茲像(永青文庫蔵)
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 宝暦5年4月26日1755年6月5日
死没 天保6年10月23日1835年12月12日
改名 与松(幼名)、立禮、斉茲
諡号 青田、鶴城、青栄
戒名 諦了院覚海義広
墓所 熊本県熊本市黒髪の泰勝寺
官位 従五位下和泉守従四位下侍従越中守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家治家斉
肥後宇土藩主、肥後熊本藩
氏族 宇土細川家肥後細川家
父母 細川興文、長照院
細川治年
兄弟 興武、埴姫、斉茲、孝応、石川総彬、冬菊ら
岩城隆恭娘八千姫
今井氏、山守氏、松岡氏、杉野氏、守氏、織衛
立之斉詮斉樹、浜次郎、猪八郎、邰、峯、柏
テンプレートを表示

細川 斉茲(ほそかわ なりしげ)は、江戸時代中期から後期にかけての大名肥後国熊本藩8代藩主。官位従四位下侍従越中守。熊本藩細川家9代。

元々は同国宇土藩細川家の出身で同藩6代藩主であった。この当時は藩祖・細川立孝の1字を取って細川 立禮(新字体:立礼、たつひろ)を名乗っていた。立孝は熊本藩初代藩主・忠利の異母弟であり、その子孫である立礼(斉茲)が熊本藩主家を継いだことにより、この家は忠利の母・細川ガラシャの血を引かない家となった。

生涯[編集]

宝暦5年(1755年)4月26日、宇土藩5代藩主・細川興文の三男として誕生。母の長照院(薗氏)は、同年内に埴姫(のちの謡台院)を生んでいる[1]ため、現実的に考えればこれと双子として生まれた可能性が高い。

長兄(異母兄)の興武(おきたけ、母は八条隆英の娘)が早世したのに伴い、宝暦12年(1762年)3月18日、父・興文の嫡子となる。明和8年(1771年)2月15日、10代将軍・徳川家治に拝謁する。この頃に元服して立禮と名乗る。明和9年(1772年)1月25日、父興文の隠居により家督を継いで宇土藩主となり、12月18日に従五位下、和泉守に叙任する。宇土時代には、藩財政再建のために倹約を行ない、天明の大飢饉で大被害を受けたときには、窮民救済に尽くした。

天明7年(1787年)9月19日、姉・謡台院の夫である本家の熊本藩主・細川治年が実子が全て喪って死去したのに伴い、治年の義弟である立禮が養子となって跡を継いだ。これに伴い、宇土藩の藩主は長男・立之が継いだ。同年11月15日、11代将軍・徳川家斉に拝謁する。同年12月16日、従四位下・侍従に昇進、将軍徳川家斉から偏諱の授与を受けて斉茲に改名した。

熊本藩主時代には、先々代の名君・重賢以来の名臣を登用して倹約を主とした藩財政再建に乗り出す。寛政4年(1792年)10月には銀札を発行して藩財政再建を目指したが、これが不首尾に終わって享和2年(1802年)には御銀所騒動が起こった。しかも江戸の藩邸が焼失するなど、結局は出費も重なり、藩財政再建には失敗した。

文化7年(1810年)11月10日、(廃嫡された次男・斉詮に代わって嫡男となっていた)三男・斉樹に家督を譲って隠居し、天保6年(1835年)10月23日に死去した。享年81。

系譜[編集]

  • 父:細川興文(1723-1785)
  • 母:長照院 - 薗氏
  • 養父:細川治年(1758-1787)
  • 正室:八千姫 - 恵眼院、岩城隆恭の娘
  • 側室:織衛 - 桂秋院、芳沢氏
  • 側室:今井氏、山守氏、松岡氏、杉野氏、守氏
  • 生母不明の子女
    • 次男:細川斉詮(1796-1818) - 前名:茲詮
    • 男子:浜次郎
    • 男子:猪八郎
    • 女子:邰 - 富子、一条忠良正室
    • 女子:峯 - 芳姫、越前松平斉恒正室、のち離縁
    • 女子:柏

出典[編集]

  1. ^ こちらより。