細川有孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
細川有孝
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 延宝4年5月23日1676年7月4日
死没 享保18年6月19日1733年7月29日
改名 熊次郎(幼名)、有孝、宗貫(法名)
官位 従五位下和泉守
幕府 江戸幕府
主君 徳川綱吉
肥後宇土藩
氏族 宇土細川家
父母 細川行孝、加来佐左衛門娘佐舞
兄弟 宮松、三之助、有孝小出重興正室
清涼院、妙持院
興生織田長亮正室
テンプレートを表示

細川 有孝(ほそかわ ありたか)は、江戸時代前期から中期にかけての大名肥後国宇土藩2代藩主。官位従五位下和泉守

生涯[編集]

初代藩主・細川行孝の三男として誕生。

元禄3年(1690年)、父の死去により家督を継ぐ。江戸城奥詰となったが、元禄16年(1703年)9月6日に、病を理由に長男・有清に家督を譲って隠居した。その後は宗貫と号し、享保18年(1733年)6月19日、58歳で死去した。

系譜[編集]