細川満元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
細川満元
細川満元.jpg
『義烈百人一首』より
時代 室町時代
生誕 天授4年/永和4年(1378年
死没 応永33年10月16日1426年11月15日
別名 聡明丸(幼名)、五郎(通称)
戒名 岩栖院悦道道歓
官位 右馬助従四位下右京大夫
幕府 室町幕府管領摂津土佐讃岐丹波守護
主君足利義満→)足利義持
氏族 細川氏細川京兆家
父母 父:細川頼元
兄弟 満元満国、女(宇都宮基綱室)
持元持之持賢

細川 満元(ほそかわ みつもと)は、室町時代前期の守護大名。第11代室町幕府管領摂津土佐讃岐丹波守護。第8代細川京兆家当主。細川頼元の長男。満国の兄。子に持元持之持賢幼名聡明丸、のち元服に際して3代将軍足利義満より偏諱を受け満元に改名。通称は五郎。官位は右馬頭右京大夫

応永4年(1397年)、父の死去により家督を継い摂津・土佐・讃岐・丹波の守護となる。応永19年(1412年)3月に管領職に就任した。就任中の北畠満雅の反乱、上杉禅秀の乱足利義嗣の殺害事件、有力守護大名と4代将軍足利義持及び側近の富樫満成との対立など様々な問題が起こったが、満元は義持をよく補佐してこれを全て処理し、守護連合制度の確立に努めた。

応永28年(1421年)7月に管領を辞任、5年後の応永33年(1426年)10月16日、49歳で死去した。

満済は『満済准后日記』で満元について「天下の重人なり、御政道等一方の意見者」と記し、公家の中山定親も日記『薩戒記』で「執政の器」と評しており、満元が公家からも武家からも幕政における重鎮と評されていたことを示している[1]

邸宅跡地[編集]

満元の没後、邸宅跡にはその法名にちなむ「岩栖院」(がんすいん)という寺院が造営された(現代も岩栖院町という町名が残る)。1610年、岩栖院は南禅寺に移転し、この場所は後藤長乗に与えられた。このとき整備された庭園を擁翠園という。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 森茂暁『室町幕府崩壊 将軍義教の野望と挫折』 (角川選書 2011年) p.46-47