細江守紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

細江 守紀(ほそえ もりき、1945年12月1日 - )は、日本経済学者九州大学名誉教授熊本学園大学特任教授。

人物[編集]

福岡県生まれ。1968年九州大学理学部物理学科卒業、1970年九州大学経済学部卒業、1975年同大学院経済学研究科博士後期課程単位取得退学。1977年八幡大学法経学部助教授、1981年九州大学経済学部助教授、1989年教授、1999年同経済学研究院経済工学部門教授、2010年定年退任、名誉教授、熊本学園大学経済学部教授。2016年特任教授[1]。1988年「不確実性と情報の経済分析」で九大経済学博士。専攻:ゲーム理論・法と経済学[2]

著書[編集]

  • 『不確実性と情報の経済分析』九州大学出版会 経済工学シリーズ 1987
  • 『情報とインセンティブの経済学』九州大学出版会 経済工学シリーズ 2005

共編著[編集]

  • 『選択枝で覚える経済学 公務員試験』編著 実務教育出版 1989
  • 『非協力ゲームの経済分析』編著 勁草書房 1989
  • 『応用ミクロ経済分析』編 有斐閣ブックス 1990
  • 『現代ミクロ経済学 その基礎と応用』江副憲昭共編著 中央経済社 講座/現代経済学 1991
  • 『現代経済学の革新と展望』浜砂敬郎共編 九州大学出版会 1994
  • 『マクロ・エコノミックス』大住圭介共編 有斐閣 1995
  • 『ミクロ・エコノミックス』大住圭介共編 有斐閣 1995
  • 『公共政策の経済学』編 有斐閣 1997
  • 『現代経済の課題と分析』伊東弘文共編 九州大学出版会 2000
  • 『現代ミクロ経済学』今泉博国,慶田收共編 勁草書房 現代経済学のコア 2000
  • 『法の経済分析 契約、企業、政策』太田勝造共編著 勁草書房 2001
  • 『環境経済学のフロンティア』藤田敏之共編著 勁草書房 2002
  • 『現代公共政策の経済分析』三浦功共編著 中央経済社 2005
  • 『ゲームと情報の経済学』村田省三,西原宏共編 勁草書房 現代経済学のコア 2006
  • 『応用経済学の課題と展開』時政勗共編 勁草書房 現代経済学研究 特集号 2009
  • 『経済学ベーシック』笹山茂共編著 日本評論社 トリアーデ経済学 2014
  • 『ベーシック応用経済学』福重元嗣,焼田党,薮田雅弘共編 勁草書房 応用経済学シリーズ 2015

翻訳[編集]

  • エリック・ラスムセン『ゲームと情報の経済分析』村田省三,有定愛展,佐藤茂春共訳 九州大学出版会 1990-91
  • T.J.ミセリ『法の経済学 不法行為,契約,財産,訴訟』監訳 九州大学出版会 1999
  • ベルナール・サラニエ『契約の経済学』三浦功,堀宣昭共訳 勁草書房 2000
  • C.D.コルスタッド『環境経済学入門』藤田敏之共監訳 有斐閣 2001

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 外部リンク参照
  2. ^ 『情報とインセンティブの経済学』著者紹介