細谷実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

細谷 実(ほそや まこと、1957年12月1日 - )は、日本倫理学者評論家関東学院大学教授。

群馬県出身。東京大学文学部倫理学科卒、同大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。関東学院大学経済学部助教授、教授[1]。東京都中央区男女共同参画推進委員会委員。

著書[編集]

  • 『性別秩序の世界 ジェンダー/セクシュアリティと主体』マルジュ社 1994
  • 『〈男〉の未来に希望はあるか』はるか書房 2005
  • 『よく考えるための哲学』はるか書房 2011

共編著[編集]

  • 『身体のエシックス/ポリティクス 倫理学とフェミニズムの交叉』金井淑子共編 ナカニシヤ出版 叢書倫理学のフロンティア 2002
  • 『暴力と戦争』加藤千香子共編著 明石書店 ジェンダー史叢書 2009
  • 『暴力とジェンダー 連続講義』林博史,中村桃子共編著 白澤社 2009
  • 『大人になる前のジェンダー論』浅野富美枝,池谷壽夫,八幡悦子共編著 はるか書房 2010
  • 『大学生と語る性 インタビューから浮かび上がる現代セクシュアリティ』田村公江共編著 晃洋書房 2011
  • 『仕事と就活の教養講座 生きのびるための働き方』編著 中西新太郎,小園弥生著 白澤社 2016

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年