細野ひで晃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

細野 ひで晃(ほその ひであき、1973年 - )は、日本のCMディレクター、映像監督。

人物[編集]

1973年西ドイツ デュッセルドルフ生まれ。ケンブリッジハイスクール(ボストン)卒業後、 アートセンターカレッジ(ロスアンジェルス)でFILMを専攻。

帰国後、97年松竹シネマジャパネスクの1本『ア ルースボーイ』を演出。 その後、電通テックに入社、国境を描くように,大地に整然と並べられた『カップヌードル』、本物の富士山を急滑降するジェットコースター『FUJIYAMA』等のあくが強く、メッセージ性の高い数々のヒットCM、PVを手がける。アジア太平洋広告祭Best Direction賞、ACC銀賞等、受賞歴多数。

エンターテイメント性の高い作品は海外での評価も高く、2007年アジア太平洋広告祭では日本代表として審査員を務める。 2004年には演出家がモノを創る環境を自身で思考するため同世代のディレクター達と映像作家集団『THE DIRECTORS GUILD』設立。 また、2006年には固定観念を崩し未来を考え、人を楽しませる事を原点に、国境も人種をも超えるモノづくりを理想としてDAYTORA ENTERTAINMENTを設立。 2008年映画『鈍獣』(脚本/宮藤官九郎 主演/浅野忠信)を監督。 2009年より海外エージェント「the sweet shop」と契約し、海外の映像業界誌SHOOT MAGAZINEで、2009秋 ・世界の選ぶディレクター10人に選出される等、クリエイティブの環境を広げている。

外側から見続けてきた日本だからこそ、『日本を広告する』ことをテーマに『おばハニープロジェクト』を展開中。第一弾として絵本『おばハニーの夢』(講談社)を出版。コラム『ぺんぺん草にあこがれて』 (ワニブックス『+act』)も連載中。『自分❤Dog』(ワニブックス)発売。2009年5月、六本木『未来画廊』にて「Life is a Wonder Trip展」を開催。 また、企業のクリエイティブディレクションや映画、ドラマの企画開発も手がけている。

CM[編集]

MV[編集]

映画[編集]

ビデオ[編集]

その他[編集]

  • NTT東日本 FLET'S コムニバス 銀座ぐらん堂「噂しあう男たち」「隣り合う二人」

主な受賞[編集]

  • 2001年 ACC CMフェスティバル ブロンズ ファンケル青汁「夫の青汁」
  • 2003年 ACC CMフェスティバル シルバー KDDI au着うた「体操」
  • 2003年 ACC CMフェスティバル ブロンズ KDDI au着うた「バード・ウォッチング」
  • 2004年 アジア・パシフィック広告祭 Best Direction賞 KDDI au「体操」
  • 2005年 ACC CMフェスティバル シルバー 富士急ハイランド「FUJIYAMA」