細金細工

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

細金細工(さいきんざいく)とは、金や銀の細線を紐よりなどして細工すること[1]。古代エジプトギリシャローマで技法が登場し、インド中央アジア中国朝鮮に伝わったと考えられている。日本では古墳から耳飾りが出土している。をよじって平らにした細線で文様をつくり、交互に鑞付け溶着するなどして造形して細工物に仕立てる。あるいは、金や銀を、細い糸状や粒子としたものを地板に取り付けて装飾とした細工。「ほそがねざいく」あるいは「ほそきんざいく」ともいう[2][3]

細金細工は、平戸細工(平戸七宝)や、芝山細工七宝を施したものなどにも見られる。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ デジタル大辞泉
  2. ^ ブリタニカ国際大百科事典「小項目辞典」
  3. ^ 世界大百科事典内「細金細工」