紺野けい子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

紺野 けい子(こんの けいこ、4月1日 - )は、日本漫画家埼玉県出身。血液型はA型。

代表作は『可愛いひと』(ビブロス刊)、『愛の言霊』(フロンティアワークス刊)。

概要[編集]

ボーイズラブ (BL) だけではなく、ティーンズラブ (TL) 、少女漫画と幅広く活躍し、同人活動も行っている(現在休止中、再開予定なし)。

2008年3月現在「愛の言霊〜一身上の都合で」をBL雑誌『Daria』(フロンティアワークス刊)で連載中の他、BL小説の挿絵、TL雑誌『恋愛白書パステル』(宙出版刊)の表紙を描いている。

経歴[編集]

  • 1996年 - 『SLAM DUNK』同人アンソロジー『Dunk3 (3) 』(ふゅーじょんぷろだくと刊)に「時の過ぎゆくままに」を掲載。
    • 同年『働く男』(桜桃書房刊)に掲載の「境界線の向こう側」でデビュー。
  • 2007年 - 『愛の言霊』が映画化。
  • 2010年 - 『愛の言霊』1巻に収録されている「世界の果てまで」が『愛の言霊〜世界の果てまで〜』として映画化。

作品一覧[編集]

漫画[編集]

  • ハンター型恋愛入門講座(1999年4月25日、桜桃書房
  • コンビニ(2000年1月22日、オークラ出版
  • 愛の言霊(2000年8月20日、ムービック
  • 愛の言霊 2(2002年1月20日、ムービック)
  • 可愛いひと(2000年10月10日、ビブロス
  • 可愛いひと 2(2003年8月10日、ビブロス)
  • Love Me Thru The Night(2001年11月9日、大洋図書
  • 接吻修行(2002年4月10日、ビブロス)
  • 勝手にしやがれ (1) (2002年11月21日、秋田書店
  • 勝手にしやがれ (2) (2003年9月4日、秋田書店)
  • 君の名はスター☆(2004年8月20日、フロンティアワークス
  • 可愛いひと(2007年9月10日、リブレ出版
  • 少女漫画家の恋(2007年12月10日、リブレ出版)
  • 紺野けい子初期作品集 上巻(2007年12月15日、エンターブレイン
  • 紺野けい子初期作品集 下巻(2007年12月15日、エンターブレイン)

単行本未収録[編集]

  • ごめんネ、先生(『BE×BOY GOLD』ビブロス、リブレ出版)
  • 愛の言霊〜一身上の都合で(『Daria』連載中、フロンティアワークス)
  • 東京ミチカ(『FEEL YOUNG』掲載)
  • 月光ドライブ(『FEEL YOUNG』掲載)

ドラマCD[編集]

  • 可愛いひと(2004年5月29日、ムービック)
  • 夜ごとの花(2004年7月15日、原作:高岡ミズミ、リーフ)
  • 花のように愛は降る(2005年3月15日、原作:高岡ミズミ、リーフ)
  • ラブミースルーザナイト(2008年6月、モモアンドグレープス・エンターブレイン)

映画[編集]

  • 愛の言霊(2007年10月27日)
  • 愛の言霊〜世界の果てまで〜(2010年8月7日)

DVD[編集]

  • ありのままの僕ら メイキング オブ 愛の言霊(2007年10月24日)
  • 愛の言霊(2008年1月25日)
  • 愛の言霊〜世界の果てまで〜(2010年10月22日)
  • 愛の言霊ツインパック(2010年10月22日)

小説(挿絵)[編集]

  • 離れずに暖めて(春原いずみ、1997年10月10日、桜桃書房)
  • 天使たち(神谷凪、1998年8月22日、オークラ出版)
  • 心の闇(日夏塔子、1999年10月25日、新書館
  • 甘い探検(うえだ真由、2000年11月22日、オークラ出版)
  • こういうときにそうくるか(五百香ノエル、2001年2月22日、オークラ出版)
  • ドンファン(磯崎なお、2001年5月20日、ビブロス)
  • 夜と踊ろう(名倉和希、2001年7月20日、ビブロス)
  • 魅惑のプリンス(渡海奈穂、2001年11月2日、大洋図書)
  • 放蕩長屋の猫(榎田尤利、2001年12月7日、大洋図書)
  • 迷い猫(小川いら、2002年9月15日、オークラ出版)
  • 恋愛の条件(金田えびな、2003年1月1日、リーフ出版
  • 猫はいつでも甘やかされる(榎田尤利、2003年3月7日、大洋図書)
  • 囚われの花びら(高岡ミズミ、2003年3月15日、ハイランド)
  • 不純なまなざし(鬼塚ツヤコ、2003年3月25日、プランタン出版)
  • こんな男でよかったら(義月粧子、2003年4月20日、ビブロス)
  • 夜ごとの花(高岡ミズミ、2003年9月15日、リーフ出版)
  • 僕らはキスからはじめよう(池戸裕子、2003年10月1日、小学館
  • ランチタイム・シンデレラ(小川いら、2003年11月22日、オークラ出版)
  • 花のように愛は降る(高岡ミズミ、2003年12月15日、リーフ出版)
  • 君が想うよりずっと(月上ひなこ、2004年5月22日、オークラ出版)
  • 真夜中の匂い(榊花月、2004年8月10日、成美堂出版
  • 僕は君しか愛せない(池戸裕子、2004年11月2日、小学館)
  • 雨がやんだら(小川いら、2004年12月13日、フロンティアワークス)
  • 今宵、雲の上のキッチンで(ひちわゆか、2005年4月19日、ビブロス)
  • 今宵、雲の上のキッチンで 新装版(ひちわゆか、2008年7月18日、リブレ出版)
  • 傲慢な愛は台詞にのせて(いおかいつき、2005年5月10日、プランタン出版)
  • 50、50(池戸裕子、2005年6月22日、リーフ出版)
  • つめたい花(榊花月、2005年10月7日、成美堂出版)
  • 野蛮な恋人(成宮ゆり、2006年6月1日、角川書店
  • 昨日の敵は明日の恋人(綺月陣、2006年6月9日、プランタン出版)
  • あなたの花になりたい(高岡ミズミ、2006年10月15日、リーフ出版)
  • ワイルドでいこう(高岡ミズミ、2006年10月27日、徳間書店
  • 純情な恋人(成宮ゆり、2006年11月1日、角川書店)
  • 侵せない繭(かのえなぎさ、2006年12月10日、ワンツーマガジン社)
  • ふしだらな微熱(藤森ちひろ、2007年2月19日、リブレ出版)
  • メビウスの恋人(火崎勇、2007年3月27日、徳間書店)
  • 恋は憂鬱で出来ている(きたざわ尋子、2007年12月19日、白泉社
  • 猫は幸福で出来ている(きたざわ尋子、2008年6月19日、白泉社)
  • 溺れる純愛(杏野朝水、2008年7月28日、海王社
  • 銀薔桜の徒花(愁堂れな、2009年10月23日、オークラ出版)
  • ブラザーコンプレックス(洸、2010年6月11日、心交社
  • 夜ごとの花(高岡ミズミ、2010年9月15日、幻冬舎