組合立岐阜県大垣東高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
組合立岐阜県大垣東高等学校
過去の名称 稲葉南部青年学校
稲葉実業実科女学校
岐阜県立大垣実業高等学校稲葉分校
岐阜県立大垣南高等学校稲葉分校
岐阜県立大垣南高等学校墨俣分校
組合立岐阜県墨俣高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 大垣市安八町墨俣町穂積町巣南村日置江村学校組合
設立年月日 1947年
閉校年月日 1963年
共学・別学 男女別学(女子校)
課程 定時制
設置学科 家庭科
所在地 503-0103
岐阜県大垣市墨俣町上宿465-1[注釈 1]
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

組合立岐阜県大垣東高等学校(くみあいりつぎふけんおおがきひがしこうとうがっこう)は、かつて岐阜県安八郡墨俣町(現・大垣市)にあった公立定時制高等学校

概要[編集]


沿革[編集]

前身となったのは、1944年に日置江村に設置された、稲葉南部青年学校である。

  • 1944年(昭和19年) - 稲葉郡南部の六ヵ村(日置江村・鏡島村市橋村茜部村鶉村佐波村)の青年学校を統合。日置江村に稲葉南部青年学校が開校。光衆寺[注釈 2]を校舎とする。
  • 1947年(昭和22年)4月1日 - 稲葉実業実科女学校に改称する。校舎は岐阜県稲葉郡日置江大字日置江大岬1391の日置江公会堂[注釈 3]を使用する。稲葉郡南部の六ヵ村の組合の運営であったが、実質は日置江村が運営していた。
  • 1948年(昭和23年)
    • 7月 - 岐阜県より廃校勧告が出される。日置江村単独での運営が困難であったこともあり、大垣市の高等学校の分校とすることが検討される。
    • 9月15日 - 岐阜県立大垣実業高等学校稲葉分校に改称する。定時制課程の農業科・家庭科を設置。
  • 1949年(昭和24年)4月1日 - 岐阜県立大垣南高等学校稲葉分校に改称する。
  • 1951年(昭和26年)
    • 4月1日 - 岐阜県立大垣南高等学校墨俣分校に改称する。
    • 9月8日 - 岐阜県安八郡墨俣町墨俣1275の旧・高安織物工業寄宿舎を校舎とする。
  • 1953年(昭和28年)
    • 3月 - 農業科を廃止する。
    • 4月1日 - 稲葉郡南部の六ヵ村組合が解散。新たに墨俣町、穂積町、日置江村などで学校組合を設立。
  • 1955年(昭和30年) - 南濃町立石津小学校の校舎を移築。
  • 1957年(昭和32年) - 単独校として独立する運動が起きる。
  • 1958年(昭和33年)
    • 4月 - 岐阜県立大垣南高等学校から分立し、岐阜県安八郡墨俣町他、一市四ヶ町村[注釈 4]組合立岐阜県立墨俣高等学校となる。
    • 10月 - 組合立岐阜県大垣東高等学校に改称する。
    • 11月4日 - 岐阜県安八郡墨俣町上宿蛭喰[注釈 5]に校舎を新築し、移転。
  • 1963年(昭和38年)3月 - 廃校。生徒は新設の岐阜県立大垣女子高等学校定時制課程被服科に移る。

参考文献[編集]

  • 日置江の歴史 (日置江の歴史編集委員会 2006年) P.560 - 568
  • 岐阜県定通教育三十周年記念誌 (岐阜県高等学校定時制通信制三十周年記念会 1978年) P.110

脚注[編集]


注釈[編集]

  1. ^ 廃校時の住所は安八郡墨俣町上宿465-1。
  2. ^ 現在の岐阜県岐阜市次木764にある寺院。
  3. ^ 現在の岐阜県岐阜市日置江1391。跡地はJA岐阜日置江になっている。
  4. ^ 大垣市安八村墨俣町穂積町巣南村日置江村
  5. ^ 現在の岐阜県立大垣女子高等学校の場所。

関連項目[編集]