経口避妊薬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ピルの一例

経口避妊薬(けいこうひにんやく、英語: combined oral contraceptive pill (COCP)、oral contraceptive (OC))とは、常用することで避妊効果の得られる女性ホルモン剤。低用量経口避妊薬低用量ピルピル[1]とも呼ばれる。

月経困難症子宮内膜症向けの低用量エストロゲンプロゲスチン配合薬LEPも低用量ピルと呼ばれるが、避妊ではなく疾患の治療を目的としたものである[2][3]。なお、膣内射精後早期に服用すれば避妊回避効果を発揮する経口避妊薬については緊急避妊薬で解説する。

概要[編集]

経口避妊薬(以下「ピル」)は、1960年代アメリカ合衆国で開発され、広く普及した[4]。世界で1億人の女性が服用するとされるが、使用状況は国ごとに大きく異なる。アメリカでは1200万人の女性が使用し[5]イギリスでは16 - 49歳の女性の3分の1が内服している[6][7]。生理開始日から、1日1錠を決まった時間に21日間服用し、その後の7日間服用を休む周期が基本となる。したがって、PTPパッケージも殆どが1シート21錠入りのもの(使いきった後の7日間は服用しない)か、28錠入りのもの(7日分には、有効成分が全く入っていないプラセボ[8])である。

成分にエストロゲンプロゲステロンが含まれ、これにより排卵を抑制する。避妊の機序は、

  1. 排卵の抑制
  2. 子宮頚管粘液の性状の変化(精子の子宮内侵入を抑制)
  3. 子宮内膜の変化(受精卵着床抑制)

である。正しく服用した場合の妊娠の確率は、パール指数(パールインデックス)はピルで0.3%、避妊手術で0.1 - 0.5%、薬剤添加IUDで0.1 - 0.6%である[9]。飲み忘れも含めた一般的な使用では、ピルで8%、避妊手術で0.15 - 0.5%、薬剤添加IUDで0.1 - 0.8%である[10]

避妊目的のOC以外にも、生理周期の変更や月経困難症の緩和、子宮内膜症の治療などに使われるLEPが存在している。国際的にも昔は高用量ピル・ホルモン量が低用量ピルの10倍程度の中用量ピルが用いられていたが、副作用の低減を目的として、低用量ピル・超低用量ピルが開発されて主流となっている。

日本では、以前からホルモン治療目的の、高用量ピル・中用量ピルが認可されていたが、1999年平成11年)に、避妊そのものを目的とした低用量経口避妊薬(oral contraceptive (OC))が認可され、2008年(平成20年)に月経困難症や子宮内膜症の治療薬として、LEPの低用量ピルも認可された。避妊用としては、低用量ピルが主流になっている。

黄体ホルモンのみを含むピルは「ミニピル (en)」と呼ばれ、低用量ピルに含まれる卵胞ホルモン摂取が禁忌である授乳中の産後女性にのみ処方されている。肥満女性や35歳以上、産後授乳中の避妊に使えるメリットがある一方、必ず連日同じ時間に内服をする必要性、飲み始めに不正出血が続くことがあるデメリットがある[11]

OCの服用のみでは性病(STD)は回避出来ないが、男性がコンドーム着用、女性がOC服用するデュアルプロテクション(二重防御法)は、性病・妊娠の両者を回避する手段として国際的に評価されている[12][13][14]

服用禁忌対象[編集]

一般に下記の症状がある女性(以下:人)が服用することは禁忌となっており、医療機関から処方もされない。

また糖尿病患者や耐糖能異常の人、年齢が40歳以上の人、心疾患の患者、乳癌の家族歴又は乳房に結節のある人、血栓症の家族歴喫煙者肥満、心臓弁膜症患者、てんかんの患者などは、慎重な投与をすることが求められている。

副作用・禁煙[編集]

ピルの服用女性が喫煙をしていると心臓・循環器系への副作用が高まるため、若年層の約10%の女性が喫煙しているが、ピルを服用するなら禁煙すべきである。そもそも喫煙女性は卵子の発育や卵巣からのホルモンの分泌が不妊症、流産や早産、子宮外妊娠になりやすく、赤ちゃんの発育も悪くなる。さらに出産後も喫煙を続けた場合、子供の健康にまで悪影響を及ぼす[15]。主要な副作用として血栓症が挙げられるが、妊娠した場合の血栓症発症率はピル服用者の約2倍、産後12週目では約10倍で、非喫煙のピル服用女性より妊娠中や喫煙女性の方がはるかに血栓症のリスクが高い。医学的理由で服用禁止と診断されてなければ閉経まで飲み続けても問題ない[16]

片頭痛、吐き気嘔吐、イライラ、性欲減退、むくみ膣炎などがあげられる。また、よくピルの服用による体重の増加が挙げられるが、それは誤りである。しかし食欲が増す事はある。このほか稀な例ではあるが、血栓症、長期服用による発癌性などの可能性が指摘されている。子宮筋腫、糖尿病を悪化させる可能性があるとも言われている[17]肝斑のきっかけとなることがある[18][19]

日本ではバイエル薬品の超低用量ピル「ヤーズ」により、2013年6月に服用した20歳代の女性が頭蓋内静脈洞血栓症で死亡した。その女性は、婦人科で月経困難症の診断で超低用量ピル「ヤーズ」を毎日1錠内服するよう処方された。2日目に頭痛が起こり、6日目には頭痛、吐き気、動悸など体調不良がひどくなったため内科受診し、吐き気止めと胃腸薬を処方された。9日目に頭痛・嘔気・ 食欲不振が続くため、内科受診し精神安定剤を処方された。当初の婦人科も受診した所、ヤーズ内服を総内服量7錠の時点で中止し、脳外科受診を勧められた。嘔吐、歩行困難もあったが検査予約して帰宅。10日目体動困難となる。11日目の朝ベッドの上で失禁状態で発見され、病院へ搬送された。意識レベル低下し痙攣もあり、CT所見より脳静脈洞血栓と診断された。抗凝固剤のヘパリン治療開始。12日目に呼吸不全となり気管挿管施行。13日目に死亡した[20]。その後2人目の死亡者が発生した。10代後半の女性であり、投与開始から526日目に肺動脈塞栓症で死亡したと推定されている。ヤーズは月経困難症と子宮内膜症の治療のために、ロキソプロフェンレバミピドとともに処方された。初回投与から526日後に、患者が外出して下宿に帰宅した後に連絡が途絶え、その3日後に下宿内で死亡しているのが発見された。解剖の結果肺動脈の本幹に血栓があり、肺動脈塞栓症が死因と確定。初回投与の499日後に2シート(56錠)を最終処方しており、36錠残っていた[21]医薬品医療機器総合機構(PMDA)は、処方時には患者に血栓塞栓症のリスクについて説明するとともに、新たに作成した「患者携帯カード」を渡すよう求める文書を掲載した。2013年10月には、日本産婦人科医会が女性ホルモン剤使用中患者の血栓症に対する注意喚起を行った。また、1例目の死者が出た時点で、87人が副作用で血栓塞栓症になったと報告された。その後、同年12月に肺と足の血栓症により40代女性が死亡した。

PMDAの集計などによると、2008 - 2013年上半期に日本で使用されたピルに関して、血栓の重症例が延べ361件副作用として報告されていた。副作用の報告は08年の33件、12年には105件だった。死亡は11件あり、10代1人、20代2人、30代4人、40代1人、50代2人、不明1人だった[22]

低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬(LEP)[編集]

低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬(LEP)は子宮内膜症、月経困難症向けに生理周期の安定、生理痛の軽減、経血量の減少など、月経に関する症状の治療目的で使用される。また、子宮内膜症の予防・病巣進行の停止、子宮体がん、卵巣癌のリスク軽減なども期待できる。副作用でもある抗アンドロゲン(抗男性ホルモン)作用を利用したニキビ治療[10]、体毛が薄くなることが報告されている[10]

OCと同じくLEPも低用量ピルと呼ばれ、休薬期間7日のある21日ごとのモノ、飲み忘れ防止の偽薬が7日分あることで休薬期間の無い28日間ごとに服用するモノがある[23]

緊急避妊薬(EC)[編集]

膣内射精前に低用量経口避妊薬(OC)を常用していなくても事後早期に服用すれば避妊回避効果を発揮するピルは緊急避妊薬(Emergency Contraceptive:EC)、緊急避妊ピル、アフターピル、モーニングアフターピルと呼ばれている[24]

緊急避妊薬(EC)を薬局で入手可能な国は86カ国で、極めて安全性が高いが、日本では処方箋が必要な処方箋医薬品で、診療報酬が適用されない自由診療である。薬局での販売を解禁する一般用医薬品に関しても、専門家や医療系学会からは「先にコンドームの着用することの常識化」「性病はピルでは回避出来ないことの周知など性教育を充実させてから解禁するべき」との意見から、2017年(平成29年)には議論の結果、薬局での販売が見送られた[25][26]

しかし、2020年(令和2年)10月に内閣総理大臣菅義偉が、2021年までに処方箋無しでの販売解禁する方針を打ち出している。アフターピルの薬局販売解禁を評価する声と共に「緊急避妊薬飲めばいいとかいうクズが増えないことを願う…」「女性は(アフター)ピルの重大さを分かっているけど、男性側が理解してないと意味がない」との上記のような意見も懸念も出ている[27][28]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「ピル」は錠剤一般を示す英語であり、"the pill"と固有名詞で表現される場合は経口避妊薬(the contraceptive pill)を指す。
  2. ^ “生理痛がひどい…産婦人科で処方される低用量ピルってどんな薬? 副作用はある?”. (2019年12月11日). https://www.koukouseishinbun.jp/articles/-/5897 2020年4月15日閲覧。 
  3. ^ 低用量経口避妊薬、低用量エストロゲン・プロゲストーゲン配合剤ガイドライン(案)平成27年3月”. 日本産科婦人科学会. 2021年5月17日閲覧。
  4. ^ UN Population Division (2006) (PDF). World Contraceptive Use 2005. New York: United Nations. ISBN 92-1-151418-5. http://www.un.org/esa/population/publications/contraceptive2005/2005_World_Contraceptive_files/WallChart_WCU2005.pdf  women aged 15-49 married or in consensual union
  5. ^ Mosher WD, Martinez GM, Chandra A, Abma JC, Willson SJ (2004). “Use of contraception and use of family planning services in the United States: 1982-2002” (PDF). Adv Data (350): 1-36. PMID 15633582. http://www.cdc.gov/nchs/data/ad/ad350.pdf.  all US women aged 15-44
  6. ^ Dr. David Delvin. “Contraception - the contraceptive pill: How many women take it in the UK?”. 2015年5月30日閲覧。
  7. ^ Taylor, Tamara; Keyse, Laura; Bryant, Aimee (2006) (PDF). Contraception and Sexual Health, 2005/06. London: Office for National Statistics. ISBN 1-85774-638-4. http://www.statistics.gov.uk/downloads/theme_health/contraception2005-06.pdf 2015年5月30日閲覧。  British women aged 16-49: 24% currently use the Pill (17% use Combined pill, 5% use Minipill, 2% don't know type)
  8. ^ 鎌田泰彦、平松祐司「低用量経口避妊薬の使用に関するガイドライン」『岡山醫學會雜誌』第119巻第3号、岡山医学会、2008年1月、 315-317頁、 doi:10.4044/joma.119.315ISSN 00301558NAID 10020283059
  9. ^ Hatcher R. A. et al. (2004). Contraceptive Technology: Eighteenth Revised Edition. New York: Ardent Media.
  10. ^ a b c 低用量経口避妊薬の使用に関するガイドライン(改訂版) (PDF)”. 日本産科婦人科学会 (2005年12月1日). 2015年7月14日閲覧。
  11. ^ ピル(低用量ピル 緊急避妊ピル ミニピル)” (日本語). kawaguchikowatanabe-lc ページ!. 2020年10月8日閲覧。
  12. ^ さまざまな選択肢、現代の避妊方法” (日本語). www.afpbb.com. 2020年10月8日閲覧。
  13. ^ 「避妊」は「防犯」と同じ…“性”のリスクと、どう付き合う?【漫画家いつまちゃんに聞く】 - Peachy” (日本語). ライブドアニュース. 2020年10月8日閲覧。
  14. ^ 第1回(平成16年度第1回)厚生科学審議会感染症分科会感染症部会 エイズ・性感染症ワーキンググループ議事録- 厚生労働省
  15. ^ 低用量ピルとタバコのお話 - 医療トピックス|中野区医師会”. www.nakano-med.or.jp. 2020年10月8日閲覧。
  16. ^ 低用量ピルとタバコのお話 - 医療トピックス|中野区医師会”. www.nakano-med.or.jp. 2020年10月8日閲覧。
  17. ^ ただし、子宮筋腫や糖尿病への影響が確認されたのは現在ではほとんど用いられない旧来の高用量ピルであり、避妊用の低用量ピルではほぼ無影響とされる。
  18. ^ Arun Achar, Sanjay K. Rathi (2011-7). “Melasma: a clinico-epidemiological study of 312 cases”. Indian journal of dermatology 56 (4): 380-382. doi:10.4103/0019-5154.84722. PMC: 3178998. PMID 21965843. https://doi.org/10.4103/0019-5154.84722. 
  19. ^ 植田国昭、加藤順三「ピル (経口避妊薬) について」『臨床薬理』第8巻第3号、日本臨床薬理学会、1977年、 389-395頁、 doi:10.3999/jscpt.8.389ISSN 0388-1601NAID 130002041579
  20. ^ 超低用量ピル「ヤーズ」で日本初の死者
  21. ^ 2013年10月10日医薬品医療機器総合機構
  22. ^ ピルの副作用、血栓に注意を 5年で11人死亡例 朝日新聞 2013年12月17日
  23. ^ “生理痛がひどい…産婦人科で処方される低用量ピルってどんな薬? 副作用はある?”. (2019年12月11日). https://www.koukouseishinbun.jp/articles/-/5897 2020年4月15日閲覧。 
  24. ^ アフターピル | ジャスミンレディースクリニック”. jlc.tokyo. 2020年10月8日閲覧。
  25. ^ 「緊急避妊薬 薬局で購入できるように」国に要望 -NHK
  26. ^ 女性活躍万年「ビリ」組も当然?「ピル」後進国ニッポン - 日経ビジネス
  27. ^ 緊急避妊薬、薬局で購入可能に 来年にも、望まない妊娠防ぐ - 共同通信
  28. ^ 舛添要一氏が緊急避妊薬の市販化方針を評価「世界と同じ流れになる」” (日本語). ライブドアニュース. 2020年10月8日閲覧。

関連項目[編集]