経済企画庁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

経済企画庁(けいざいきかくちょう、英語: Economic Planning Agency、略称:EPA)は、2001年(平成13年)1月5日まで存在した日本の中央省庁の一つであり大臣庁総理府外局として設置され、長期経済計画の策定、各省庁間の経済政策の調整、内外の経済動向に関する調査・分析、国民所得の調査等を所掌した。長は国務大臣経済企画庁長官

沿革[編集]

  • 1946年(昭和21年)8月12日、内閣所属部局として経済安定本部を設置。
    • 経済安定本部の長は総裁とし、内閣総理大臣があたる。また、総裁の下に国務大臣が務める総務長官を置いた。
    • 経済安定本部は通常、「安本(あんぽん)」という略称で呼ばれ、経済安定本部総務長官は「安本長官(あんぽんちょうかん)」と呼ばれた。政府としては書き言葉である「経本」を正式な略称としたが、語呂の良さも手伝い、話し言葉としての「安本」のほうが広まった。
  • 1947年(昭和22年)5月3日、総理庁の設置に伴い、経済安定本部は内閣所属部局から総理庁の機関に移行。
  • 1949年(昭和24年)6月1日国家行政組織法施行に伴い、経済安定本部は総理庁の機関から府省と並ぶ機関に格上げ。これに伴い、これまで総理庁内で並列関係にあった物価庁経済調査庁を自らの外局とする。
  • 1952年(昭和27年)4月1日、物価庁を廃止。経済安定本部の内部部局(物価局)とする。
  • 1952年(昭和27年)8月1日、経済安定本部を廃止し、総理府外局として経済審議庁(長官は国務大臣)が発足。なお、経済安定本部の外局だった中央経済調査庁は、行政管理庁に統合。
  • 1955年(昭和30年)7月20日経済企画庁に改称。
  • 1957年(昭和32年)8月1日、国家行政組織法改正に伴い、大臣庁は省と同様の組織機構を有することができるようになり、経済企画庁次長に代えて経済企画事務次官を設置。
  • 1971年(昭和46年)7月1日環境庁発足に伴い、経済企画庁国民生活局が所掌していた水質汚濁防止行政を環境庁に移管。
  • 1974年(昭和49年)6月26日国土庁発足に伴い、経済企画庁総合開発局が所掌していた国土開発行政、水資源行政を国土庁に移管。
  • 2001年(平成13年)1月6日中央省庁再編の実施に伴い総理府本府、沖縄開発庁などと統合され内閣府が発足、経済企画庁の業務は内閣府政策統括官(経済財政運営担当・経済社会システム担当・経済財政分析担当)、内閣府国民生活局などに承継。

組織[編集]

特性[編集]

経済企画庁長官は通常国会において政府四演説に数えられる経済演説を行い、安全保障会議に参加し、経済企画庁の官僚が日本銀行政策委員会に出席する等重要な権限を有していたが、経済企画庁自体の権限はそれほど持たなかったため、経済企画庁は業界団体に対して強い影響力を及ぼすことができなかったとされる。また各省庁から上がってくる資料を合冊しているだけの「ホチキス官庁」と揶揄する声もあった。筑紫哲也小渕内閣で長官に就任した堺屋太一へのテレビインタビューで、経済企画庁ではなく経済「分析」庁ではないか、とその存在意義に疑問を呈した。

しかしながら、戦前の企画院の流れを汲んで経済白書の編纂・発行を行い、いわゆる官庁エコノミストの輩出に寄与するなど、大蔵省通商産業省等とは一線を画し、政治に対しては他省庁より比較的中立な姿勢で国民経済などマクロ経済ミクロ経済の動向を分析するなど、その分析成果や経済政策への影響は決して無視できない「影のエリート官庁」と言われた。

また経済企画庁が担ってきた中期的な経済計画の策定も社会主義国における経済計画(計画経済)とは全く異なったものではあるが、計画の策定段階で政府内部だけでなく経済界や労働組合、消費者団体、学者などを含む国民各層の合意形成に寄与してきたと考えられている。

歴代長官等[編集]

経済企画庁長官[編集]

経済企画事務次官(経済審議庁次長・経済企画庁次長含む)[編集]

経済審議庁次長
  • 平井富三郎:1952年8月1日 - 1953年11月17日(商工・通産官僚、通産事務次官)
  • 長村貞一:1953年11月17日 - 1954年7月2日(商工・通産官僚、通産省通商化学局長・特許庁長官を経て就任)
  • 石原武夫:1954年7月2日 - 1955年7月20日(商工・通産官僚、通産事務次官)
経済企画庁次長
  • 石原武夫:1955年7月20日 - 1955年11月25日
  • 上野幸七:1955年11月25日 - 1957年6月15日(商工・通産官僚、通産事務次官)
  • 徳永久次:1957年6月15日 - 1957年8月1日(商工・通産官僚、通産事務次官)
経済企画事務次官
  • 徳永久次:1957年8月1日 - 1960年5月13日
  • 小出栄一:1960年5月13日 - 1962年7月10日(商工・通産官僚)
  • 大堀弘:1962年7月10日 - 1963年10月25日(商工・通産官僚)
  • 松村敬一:1963年10月25日 - 1965年6月10日(商工・通産官僚)
  • 中野正一:1965年6月10日 - 1967年7月18日(商工・通産官僚)
  • 川出千速:1967年7月18日 - 1968年9月20日(商工・通産官僚)
  • 高島節男:1968年9月20日 - 1969年12月5日(商工・通産官僚)
  • 鹿野義夫:1969年12月5日 - 1972年6月20日(大蔵技官官僚、1946年入省、東大工卒)
  • 矢野智雄:1972年6月20日 - 1973年7月1日(商工・通産官僚) 
  • 新田庚一:1973年7月1日 - 1974年6月26日(商工・通産官僚、東商大卒)
  • 宮崎仁:1974年6月26日 - 1976年1月20日(大蔵官僚)
  • 小島英敏:1976年1月20日 - 1977年1月21日(通産官僚)
  • 青木慎三:1977年1月21日 - 1979年7月20日(商工・通産官僚)
  • 宮崎勇:1979年7月20日 - 1981年6月10日(経済安定本部から経企に転進、東大経卒)
  • 藤井直樹:1981年6月10日 - 1982年7月2日(大蔵官僚)
  • 井川博:1982年7月2日 - 1983年7月12日(通産官僚)
  • 田中誠一郎:1983年7月12日 - 1984年7月10日(通産官僚)
  • 谷村昭一:1984年7月10日 - 1986年6月3日(通産官僚、慶大経卒)
  • 大竹宏繁:1986年6月3日 - 1987年6月23日(大蔵官僚)
  • 赤羽隆夫:1987年6月23日 - 1989年6月16日(建設官僚から経企に転進、東大経卒)
  • 星野進保:1989年6月16日 - 1991年5月15日(経企生え抜き組、東大経卒、総合研究開発機構(NIRA)理事長)
  • 勝村坦郎:1991年5月15日 - 1992年1月21日(経企生え抜き組、東大院農経卒)
  • 冨金原俊二:1992年1月21日 - 1993年6月25日(大蔵官僚、京大経卒)
  • 田中努:1993年6月25日 - 1995年6月21日(経企生え抜き組、都立大経卒、中央大学教授)
  • 小林惇:1995年6月21日 - 1996年6月21日(通産官僚)
  • 糠谷真平:1996年6月21日 - 1998年6月23日(経企生え抜き組、東大養卒)
  • 塩谷隆英:1998年6月23日 - 1999年8月31日(経企生え抜き組)
  • 中名生隆:1999年8月31日 - 2001年1月5日(経企生え抜き組、東大経卒)

経済企画審議官[編集]

審議官
  • 広江運弘(大蔵官僚、大阪陸幼中退、六高、東大法)
  • 大竹宏繁(大蔵官僚)
  • 赤羽隆夫(建設官僚から経企に転進、東大経卒)
  • 川崎弘(通産官僚、京大経卒)
  • 浅野義光(大蔵出身、北大卒)
  • 横溝雅夫(経企生え抜き組、東大経卒)
  • 海野恒男(経企生え抜き組、一橋大経卒)
  • 勝村坦郎(経企生え抜き組、東大院農経卒)
  • 田中努(経企生え抜き組、都立大経卒)
  • 田中章介(経企生え抜き組、埼大経卒)
  • 加藤雅(経企生え抜き組、東大経卒)
  • 小林惇(通産官僚)
  • 吉川淳(経企生え抜き組、阪大経卒)
  • 大来洋一(経企生え抜き組、東大経卒。大来佐武郎の子息。政策研究大学院大学教授)
  • 井出亜夫(通産官僚、東大経卒)
  • 新保生二(経企生え抜き組、東大経卒)

経済企画庁出身の著名人[編集]

関係者[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]