経絡治療学会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

経絡治療学会(けいらくちりょうがっかい、: Traditional Japanese Medicine)とは、鍼灸師・柳谷素霊、井上恵理、岡部素道、岡田明祐、近喰原民、西沢生恵、合馬仁、小椋章道、末岡孝、戸部宗七郎、中島無得、吉森三樹、谷田部康之、世話人・竹山晋一郎、町田昌彦らが設立した弥生会(1939年1940年)を前身とし、東邦医学会(1941年設立)を経て、誕生した。

  • 初代会長・岡部素道→二代目会長・岡部素明→三代目会長・岡田明三(2001年~)


概要[編集]

  • 主に経絡治療を重視した鍼灸を研究対象としており、創設当初から学術論文など幅広い書籍の発行も行ってきた。
  • 脈診を行っており、参加者の多くは、20~30代の鍼灸師鍼灸大学専門学校の学生で占められている。
  • 毎年8月、経絡治療の向上を図るため、夏期大学が行われており、生の脈診や経絡治療が学べる。レベルによって普通科(新規および再受講希望者)、高等科(普通科修了者)、研究科(高等科修了者)、研修科(研究科修了者)に分けられている。2008年で50年目を迎えた。鍼灸師のみならず、鍼灸大学・専門学校の学生も参加できる。はり師きゅう師の免許保持者は、この課程を修了すると東洋療法研修試験財団から修了証が授与される。

総会[編集]

学会誌[編集]

  • 年4回、機関誌「経絡治療」を刊行し会員に郵送される
  • 「日本鍼灸医学 経絡治療・基礎編」「日本鍼灸医学 経絡治療・臨床編」

学会賞[編集]

夏期大学通算5回参加で5年表彰、10回参加で10年表彰 閉会式で賞状及び記念品の授与