結城了悟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
結城了悟
カトリック司祭
聖職
司祭叙階 1954年
個人情報
別名 ディエゴ・パチェコ・ロペス・デ・モルラ(旧名)
出生 1922年10月17日
スペインの旗 スペイン セビーリャ
死去 2008年11月17日
日本の旗 日本 長崎県長崎市

結城 了悟(ゆうき りょうご、1922年10月17日 - 2008年11月17日)は、イエズス会司祭キリシタン史研究者。スペインセビリャ出身。 1978年に日本に帰化[1]。帰化名はペトロ岐部と187殉教者の一人結城了雪にちなむ。

旧名ディエゴ・パチェコ・ロペス・デ・モルラ(Diego Pacheco López de Morla)、旧通称「ディエゴ・パチェコ[2]

経歴[編集]

  • 1922年 スペイン・セビリャの農家に11人兄弟の次男として生まれる。
  • 1939年 イエズス会に入会。マドリードで哲学を修める。
  • 1948年 来日。日本語を学ぶ。
  • 1950年 広島にあるイエズス会長束修練院ラテン語教師に就任。
  • 1951年 南米コロンビアボゴタのハベリアナ大学神学修士課程に留学。
  • 1954年 ボゴタ司祭叙階。南米日系コミュニティでの宣教活動に従事。
  • 1956年 再来日。福山カトリック教会助任司祭に就任。
  • 1958年 イエズス会長束修練院副修練長に任命される。
  • 1960年 長崎に異動、日本二十六聖人記念館の開館準備に奔走。
  • 1962年 日本二十六聖人記念館開館とともに館長に就任(2004年まで務める)。
  • 1970年 長崎新聞文化賞受賞。
  • 1975年 沖縄海洋博バチカン館のプロデューサーを務める。
  • 1978年 日本に帰化、「結城了悟」に改名。
  • 1981年 西日本文化賞受賞。
  • 1982年 天正少年使節遣欧400周年記念事業「昭和少年使節」の総責任者を務める。
  • 2000年 勲五等瑞宝章受賞。
  • 2004年 記念館館長をデ・ルカ・レンゾ神父に譲る。司祭叙階50周年を迎える。
  • 2008年11月17日 悪性リンパ腫のため長崎市で死去。11月19日、長崎市のカトリック中町教会で葬儀ミサが行われた。

著作物[編集]

※特記のない場合、著者・訳者名は「結城了悟」。

著書[編集]

  • 長崎を開いた人-コスメ・デ・トーレスの生涯 (著:パチェコ・ディエゴ/訳:佐久間正)(中央出版社、1969年)
    • 長崎を開いた人-コスメ・デ・トーレスの生涯 改訂版 (サンパウロ、2007年)
  • 長崎の天主堂 (著:パチェコ・ディエゴ、西日本文化協会、1976年)
  • 雲仙と有馬の殉教者(日本二十六聖人記念館、1984年)
  • 天正少年使節-安土桃山時代・江戸時代初期 (小学館、1986年)
  • 日本とヴァチカン―フランシスコ・ザビエルから今日まで (女子パウロ会、1989年)
  • 新史料 天正少年使節 1590年‐1990年 (南窓社、1990年)
  • ザビエル (聖母の騎士社、1993年)
  • キリシタンになった大名 (聖母の騎士社、1999年)
  • 最後の迫害-The Last Persecution (六甲出版販売、1999年)
  • 海原のかなた-長崎外国人墓地の碑 (女子パウロ会、2001年)
  • 二十六聖人と長崎物語 (聖母の騎士社、2002年)
  • ロレンソア了斎-平戸の琵琶法師 (長崎文献社、2005年)

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 結城了悟氏が死去 キリスト教研究に足跡共同通信、2008/11/18
  2. ^ 日本に帰化した後も、長崎の教会・郷土史関係者の間では、親しみを込めて「パチェコ神父」「パチェコさん」と呼ばれることが多かった。長崎新聞より