結城信一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

結城 信一(ゆうき しんいち、1916年3月6日 - 1984年10月26日)は、日本の作家である。

東京府生まれ。1933年、旧制日本大学中学校(現在の日本大学第一高等学校)卒。早稲田大学英文科卒。国際学友会日本語学校の教師を経て、1948年、「秋祭」で作家デビュー。以後、『早稲田文学』ほかの文芸雑誌、年に二作程度の短篇を発表する寡作で地味な作家だったが、1980年、老人と少女の交流を描いた「空の細道」で日本文学大賞受賞。没後の2000年、未知谷より全3巻の『結城信一全集』(串田孫一、郡司勝義、結城信孝責任編集)が刊行された。アンソロジスト、エッセイストの結城信孝は息子。

著書[編集]

  • 青い水 緑地社, 1955
  • 螢草 創文社, 1958
  • 鶴の書 創文社, 1961
  • 鎮魂曲 創文社, 1967
  • 夜明けのランプ 創文社, 1968
  • 夜の鐘 講談社, 1971
  • 萩すすき 青娥書房, 1976
  • 文化祭 青娥書房, 1977
  • 作家のいろいろ 六興出版, 1979
  • 空の細道 河出書房新社, 1980
  • 石榴抄 新潮社, 1981
  • 不吉な港 新潮社, 1983
  • 犀星抄 日本古書通信社, 1996
  • 結城信一全集 全3巻 未知谷, 2000
  • セザンヌの山 講談社文芸文庫, 2002
  • 結城信一 評論・随筆集成 未知谷, 2007

翻訳[編集]