結城耕造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
結城 耕造 Football pictogram.svg
名前
愛称 ユーキ、コーゾー
カタカナ ユウキ コウゾウ
ラテン文字 YUKI Kozo
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1979-01-23) 1979年1月23日(38歳)
出身地 神奈川県横浜市
身長 185cm
体重 79kg
選手情報
ポジション DF
利き足 右足
ユース
1985-1990
1991-1993
1994-1996
1998-2001
FC本郷(本郷台小)
横浜市立本郷中学校
横浜フリューゲルスユース(柏陽高
早稲田大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2002-2008
2008
2009-2010
2009-2010
日本の旗ジェフ市原/ジェフ千葉
日本の旗サンフレッチェ広島
ドイツの旗デュッセルドルフ
ドイツの旗デュッセルドルフ
047 (1)
019 (0)
02 (0)
014 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2010年7月31日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

結城 耕造(ゆうき こうぞう、1979年1月23日 - )は、日本の元サッカー選手神奈川県横浜市[1] 出身。父親は国立教育政策研究所名誉所員の結城忠

来歴[編集]

横浜フリューゲルスユース[1] から、二浪しての一般入試で早稲田大学[1] 法学部に入学し、早稲田大学ア式蹴球部で活躍した。

3年次の2002年に、大学を休学する形でジェフユナイテッド市原(現ジェフユナイテッド市原・千葉)に入団する[1]

市原加入当初はなかなか出場機会に恵まれなかったが、2004年シーズンから徐々に出番を増やす。2005年シーズンは、ワールドユースに出場していた水本裕貴が抜けている間にレギュラーとして活躍。水本が戻ってきた後も信頼を勝ち取りレギュラーとして定着した。その後は再度水本にポジションを奪われ、また怪我も重なって出場機会が減少する。

2008年6月、戸田和幸とのトレードの形で、DF陣の層の薄くなっていた当時J2のサンフレッチェ広島へレンタル移籍する[1]。移籍を決意したのは両親が広島市中区の出身ということもあった[2]。怪我人が続出したCB陣の穴を埋め、J1昇格に貢献した。同年末、千葉から戦力外通告され、レンタル先の広島では西河翔吾の復帰に伴い完全移籍もなかった。

2009年、早稲田大学に復学、早大公認のNPO法人ワセダクラブのスクールである、ワセダクラブ田無フットサルスクールコーチに就任しつつ、移籍先を探していた[3][4]

同年7月、ドイツ2部のフォルトゥナ・デュッセルドルフと契約した[5]。ただ、厚い選手層に阻まれトップチームではほとんど出場機会に恵まれなく、2軍であるレギオナルリーガのフォルトゥナ・デュッセルドルフⅡでもプレーした。2010年01月10日、Wintercup2010(フォルトゥナ・デュッセルドルフ、バイヤー・レヴァークーゼン、VfLヴォルフスブルク、ボルシア・メンヒェングラートバッハの4チームによる大会)にて、レヴァークーゼン戦とメンヒェングラートバッハ戦にスタメンでフル出場。フォルトゥナはこの大会で唯一の2部クラブであるが、準優勝。特にレヴァークーゼン戦では手堅い守備で活躍し、1-0での勝利に貢献。地元紙から「クールで賢いプレーを披露」と評された[6]

同シーズン末に退団し次の移籍先を探していた[7] が見つからず、現役引退した[8]。引退後、早稲田大学に復学した[8]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2002 市原 31 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2003 4 0 2 0 3 0 9 0
2004 24 11 0 3 0 0 0 14 0
2005 千葉 20 0 9 0 2 0 31 0
2006 9 1 3 0 0 0 12 1
2007 1 0 0 0 0 0 1 0
2008 5 2 0 1 0 0 0 3 0
広島 3 J2 19 0 - 0 0 19 0
ドイツ リーグ戦 リーグ杯 DFBポカール 期間通算
2009-10 デュッセルドルフ 23 ブンデス2部 2 0 0 0 0 0 2 0
通算 日本 J1 47 1 18 0 5 0 70 1
日本 J2 19 0 - 0 0 19 0
ドイツ ブンデス2部 2 0 2 0
総通算 68 1 18 0 5 0 91 1
Jリーグ出場歴
その他の国際公式戦

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e DF結城を獲得 J1千葉から期限付き”. 中国新聞 (2008年6月5日). 2011年11月18日閲覧。
  2. ^ DF結城、チームに合流 実戦練習で一対一の強さ披露”. 中国新聞 (2008年6月6日). 2011年11月18日閲覧。
  3. ^ 早大サッカー部OBの結城耕造氏(元Jリーガー)が専属コーチに加わりました。”. ワセダクラブ (2009年4月20日). 2009年6月12日閲覧。
  4. ^ シャムスカ監督 結城獲得を熱望(西日本新聞) - ウェイバックマシン(2009年8月8日アーカイブ分)
  5. ^ 結城耕造、デュッセルドルフを退団へ”. Qoly (2010年5月21日). 2017年10月29日閲覧。
  6. ^ Wintercup 2010: Fortuna - Leverkusen 1:0” (ドイツ語). rp online. 2011年11月18日閲覧。
  7. ^ 【J2日記】千葉:懐かしい姿”. J's GOAL (2010年8月16日). 2011年11月18日閲覧。
  8. ^ a b 夢先生の紹介”. スポーツこころのプロジェクト. 2017年10月29日閲覧。

関連項目[編集]