結縁寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

結縁寺(けちえんじ)は、千葉県印西市結縁寺にある真言宗豊山派の寺院。山号は晴天山。本尊は不動明王

歴史[編集]

寺伝によれば、神亀年間(724年729年行基の開山によって創建されたという。また、源頼政の家臣が頼政の戦死後その首をこの地に葬って一寺を建立したとも伝えられる。

文化財[編集]

重要文化財(国指定)
  • 銅造不動明王立像 - 像高47cm。裳(下半身にまとう衣)前面の刻銘により嘉元元年(1303年)の造像とわかる。牙は片方を上、片方を下に向けて出すが、眼はいわゆる天地眼とせず、両眼を見開いている。

所在地[編集]

参考文献[編集]

  • 久野健監修・川尻祐治編『関東古寺の仏像』芸艸堂、1976