絡新婦の理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
絡新婦の理
ジャンル ミステリー伝奇
小説:絡新婦の理
著者 京極夏彦
出版社 講談社
レーベル 講談社ノベルス
発売日 1996年11月
漫画
原作・原案など 京極夏彦
作画 志水アキ
出版社 講談社
掲載誌 マガジンSPECIAL
レーベル 講談社コミックス
発表号 2015年No.6 - 2017年No.2
巻数 全4巻
テンプレート - ノート

絡新婦の理』(じょろうぐものことわり)は、京極夏彦の長編推理小説妖怪小説。百鬼夜行シリーズ第五弾である。

書誌情報[編集]

  • 新書判:1996年11月、講談社ノベルス、ISBN 4-06-181932-1
  • 文庫判:2002年09月、講談社文庫、ISBN 4-06-273535-0
  • 分冊文庫判:2006年1月・2月、講談社文庫、[1] ISBN 4-06-275288-3、[2] ISBN 4-06-275289-1、[3] ISBN 4-06-275316-2、[4] ISBN 4-06-275317-0

あらすじ[編集]

聖ベルナール女学院には、「蜘蛛の悪魔」を崇拝し、冒涜のために売春を行う秘密サークル「蜘蛛の僕」が存在した。麻田夕子は売春が露見しそうになり、邪魔者に悪魔の呪いをかける。すると相手は本当に死んでしまう。呪いの噂を聞いた渡辺小夜子は、自分を慰み物にしている男性教師を殺して欲しいと、悪魔に願う。呉美由紀は、悪魔なんていないと一喝するも、夕子が呪った前島八千代と、小夜子が呪った本田幸三が、呪ったとおりに殺される。そこに理事長の織作是亮が、美由紀が売春組織の一員と思い込み、金をよこせと脅迫してくる。小夜子は、今度は是亮を呪う。

房総半島を訪れた伊佐間一成は、骨董商の今川雅澄と共に、骨董鑑定のために近在の旧家・織作家の屋敷へと赴く。だがそこで織作是亮が絞殺される。

刑事木場修太郎は、連続殺人犯「目潰し魔」の捜査に奔走する内、友人の川島新造が何らかの手がかりを持っているのではないかと踏む。しかし新造は「蜘蛛に訊け」との謎言葉を残して行方をくらませる。木場は手がかりを辿って川島喜市から織作家へと行き着き、伊佐間たちと合流する。しかし川島新造と高橋志摩子は真犯人の計略にはまっており、志摩子は殺されてしまう。

増岡弁護士は、聖ベルナール女学院の不祥事対処について相談するために、榎木津礼二郎の探偵社を訪れる。だが榎木津は不在で、探偵助手の益田龍一が人探しの依頼を受けたところであった。増岡と益田は連れたって中禅寺秋彦のもとを訪れ、2人の目的の趣旨に「目潰し魔」「織作家」という共通項がある偶然を不思議がる。中禅寺は「不思議なものか」と言いつつも「その偶然はすでに、誰かの張った蜘蛛の巣の上に乗っていないか?」「僕ら3人は網に掛かっている」と述べる。やがて益田は榎木津に伴って聖ベルナール女学院に赴き、美由紀から話を聞く。

登場人物[編集]

主要登場人物[編集]

伊佐間一成(いさま かずなり)
釣りに訪れた房総半島で呉仁吉という老人に出会う。殺人事件に巻き込まれ、織作屋敷に拘留される。
今川雅澄(いまがわ まさすみ)
伊佐間の依頼で呉老人の漂流物の鑑定にやってくる。殺人事件に巻き込まれ、織作屋敷に拘留される。織作家にかけられた天女の呪いを解くよう、中禅寺に憑物落しを依頼する。
木場修太郎(きば しゅうたろう)
連続殺人犯「目潰し魔」の捜査をしており、川島新造・川島喜市を捜索する。
益田龍一(ますだ りゅういち)
刑事を辞め、榎木津の探偵助手となった。杉浦隆夫を捜索する。
中禅寺秋彦(ちゅうぜんじあきひこ)
陰陽師にして古本屋。
榎木津礼二郎(えのきづ れいじろう)
破天荒な私立探偵。特殊な能力を持っている。
関口巽(せきぐち たつみ)
小説家。本作では事件に直接関わらず、ラストに登場するのみ。

犯人[編集]

蜘蛛(くも)
聖ベルナール女学院七不思議の一つ、礼拝堂の十字架に潜むという大蜘蛛。女を呪い殺す悪魔。麻田夕子が山本純子らを呪い殺すよう願った。
『絡新婦の理』事件の真犯人であり、絞殺魔と目潰し魔を陰から操る。
黒い聖母(くろいせいぼ)
聖ベルナール女学院七不思議の一つ、徘徊して血を吸うという小像。男を呪い殺す悪魔。渡辺小夜子が本田幸三を呪い殺すよう願った。
絞殺魔(こうさつま)
黒い聖母のことか。千葉の聖ベルナール女学院の近郊に現れた、首を折って殺す殺人鬼。本田幸三や織作是亮を絞殺する。
目潰し魔(めつぶしま)
東京と千葉で女性を狙い、両目を抉って殺す殺人鬼。平野祐吉・川島新造・川島喜市の3人が容疑者として浮上する。

聖ベルナール女学院[編集]

呉美由紀(くれ みゆき)
2年生。水産会社社長令嬢。親友の渡辺小夜子の身を案じて行動するうち、学院内で起こった事件に巻き込まれてしまう。
続編の『今昔百鬼拾遺』シリーズにも登場する。
渡辺小夜子(わたなべ さよこ)
2年生。網元の娘だが家が傾いている。本田幸三を酷く憎み、噂に聞いた呪いを掛けて殺したいと願う。
麻田夕子(あさだ ゆうこ)
2年生。代議士の娘。「蜘蛛の僕」のメンバーで、山本から売春行為を疑われていた。美由紀と小夜子に「蜘蛛の呪い」について語る。川野弓栄、山本純子、前島八千代に呪いをかける。
坂本百合子(さかもとゆりこ)
1年生。聖ベルナール女学院に伝わるという、「黒い聖母の呪い」を美由紀と小夜子に教える。
本田幸三(ほんだ こうぞう)
聖ベルナール女学院の男性教師。小夜子に不貞な関係を強要する。小夜子によって「黒い聖母」に呪われた後に、校舎の屋上で絞殺される。
柴田勇治(しばた ゆうじ)
柴田財閥総帥。柴田家に養子入りし、聖ベルナール女学院の理事長をしていたが、先代他界に伴って総帥に就任した。物腰柔らかな好青年。善人だが無神経。
海棠卓(かいとう すぐる)
勇治の腰巾着。美由紀から売春組織のメンバーを聞き出そうとする。
増岡則之(ますおか のりゆき)
準レギュラー。柴田財閥の弁護士。柴田傘下の聖ベルナール女学院で起きた不祥事の始末のため、榎木津探偵社を訪れるが不在で、益田と共に中禅寺の元を訪れる。

織作家[編集]

織作五百子(おりさく いおこ)
織作家の最古老。紡織業初代・織作嘉右衛門の妻であり、四姉妹の曾祖母。100歳近い高齢。
織作 雄之助(おりさく ゆうのすけ)
真佐子の婿。織作紡織の三代目当主。柴田財閥の腹心。昭和28年3月に急死する。
織作真佐子(おりさく まさこ)
家長。当主雄之助の妻で、紫・茜・葵・碧ら四姉妹の母親。いかなる時も毅然としている気丈な女性。
織作茜(おりさく あかね)
織作家の次女。気が弱く、謙虚な姿勢を崩さない。夫である是亮の乱暴な態度と雑言に耐える貞淑な妻。
織作葵(おりさく あおい)
織作家の三女。女性の権利向上の為の活動をしており、発言は常に論理的で厳しく、男尊女卑を匂わせる発言をした人間には高圧的な態度をとる。両親とは折り合いが悪い。
織作碧(おりさく みどり)
織作家の四女。聖ベルナール女学院2年生。信仰に厚く、天使のような風貌と振る舞いで、他の者の尊敬を集めている。
織作是亮(おりさく これあき)
茜の婿、出門耕作の息子。聖ベルナール女学院の理事長。無能続きで評価が下がり、自暴自棄になり茜に辛く当たっている。学院の金を横領している。
女学生達の売春に勘付いて美由紀と小夜子を脅迫した直後、織作屋敷で絞殺され、一部始終を伊佐間・今川らに目撃される。
出門耕作(でもん こうさく)
織作家に古くから仕える、朴訥で忠実な使用人。是亮の父親。呉仁吉の友人。
奈美木セツ(なみき セツ)
織作家の若い家政婦。勤務歴は二年。そそっかしくお喋りな少女。会ったばかりの今川から「セッちゃん」と呼ばれる。織作家の内部事情に詳しい。
続編の『百器徒然袋――風』にも登場。
織作紫(おりさく ゆかり)
織作家の長女。昭和27年に28歳で早逝。

織作家の近在[編集]

呉仁吉(くれ にきち)
元漁師。美由紀の祖父で、出門耕作の友人。海から離れることを嫌い、息子夫婦が転居した後も一人で住み続けている。趣味は漂流物の蒐集。伊佐間と今川を宿泊させる。
石田芳江(いしだ よしえ)
房総のとある小屋に住んでいた女性。売春行為を行っていたとされる。昭和20年に首を吊って死亡した。

目潰し魔事件関係者[編集]

平野祐吉(ひらの ゆうきち)
容疑者の一人。彫金工。鑿で次々と女性の目を潰す目潰し魔として指名手配されている。喜市の友人。降旗によって「視線恐怖症」と診断されている。
川島新造(かわしま しんぞう)
容疑者の一人。木場修太郎の悪友。池袋で「騎兵隊映画社」という会社を興している。丸坊主に兵隊服、黒眼鏡と外見はかなりの強面。前島八千代が最後に会った人物とされ、殺害容疑が掛けられるが、他に目的があり逃亡する。
川島喜市(かわしま きいち)
容疑者の一人。印刷工場の職人。平野祐吉の友人で、川島新造の異母弟。平野に精神科医の降旗を斡旋した。素性は石田芳江の息子であり、母を自殺に追い込んだと、3人の娼婦(弓栄、八千代、志摩子)を憎んでいる。
矢野妙子(やの たえこ)
第一の被害者。信濃町で殺された。平野が借りていた家の大家の娘。何かと平野を気に掛けていた。
川野弓栄(かわの ゆみえ)
第二の被害者。千葉で殺された。酒場を経営し、裏では私娼たちの元締めをしている。
山本純子(やまもと すみこ)
第三の被害者。千葉で殺された。聖ベルナール学院の教師で舎監。厳格で生徒から嫌われており、死してなお陰口を叩かれている。呪い殺されたと噂される。
前島 八千代(まえしま やちよ)
第四の被害者。左門町で、娼婦のごとき状況下で殺された。呉服屋の女将。
前島貞輔(まえしま さだすけ)
前島八千代の夫。猜疑心が強く、臆病な小物。妻の浮気を疑い尾行していた。
多田マキ(ただ マキ)
前島八千代の遺体発見現場だった連込宿の女主人。したたかな老婆。鳥目。
高橋志摩子(たかはし しまこ)
「紅蜘蛛」の異名をとる娼婦。かつてRAAに所属しており、制度崩壊後は街娼として生きてきた。命を狙われているらしく、川島新造と川島喜市が接触をしていた。第五の被害者。
降旗弘(ふるはた ひろむ)
元精神科医。木場修太郎の友人。『狂骨の夢』事件の後に東京に戻り、娼婦・徳田里美のヒモとなって生活している。退職前に、平野祐吉を診察している。
竹宮潤子(たけみや じゅんこ)
池袋にある場末の酒場「猫目洞(ねこめどう)」を営んでいる気風のいい女主人。通称「猫目のお潤」。木場に、降旗の現状を教える。

人探し関係者[編集]

杉浦隆夫(すぎうら たかお)
元小学校教師。ふとした事がきっかけで職を辞して引きこもるようになる。妻が家を出た後に失踪する。目潰し魔に殺された川野弓栄の周辺で目撃されていた。
杉浦美江(すぎうら みえ)
杉浦隆夫の妻。千葉出身で、旧姓は伊藤。葵の影響で女性拡権論者となった。腑抜けた夫に愛想がつき、別居中。離婚するために、失踪中の夫探しを榎木津と益田に依頼する。性を売り物にする川野弓栄のもとに抗議に行っていた。

警察[編集]

津畠(つばた)
千葉の刑事。織作家の捜査を担当。虎魚のような顔の男。高圧的な態度をとる。織作家の女たちとは性格が合わず、捜査が難航する。
磯部(いそべ)
千葉の刑事。織作家の捜査を担当。愚痴が多い。『今昔百鬼拾遺河童』にも登場する。
青木文蔵(あおき ぶんぞう)
レギュラー。木場の後輩刑事。木場・木下・長門らと共に「目潰し魔」の捜査をしている。
長門五十次(ながと いそじ)
準レギュラー。東京警視庁の老刑事。木場らと共に目潰し魔事件を担当。
木下圀治(きのした くにはる)
準レギュラー。東京警視庁の刑事。青木と同年。木場らと共に目潰し魔事件を担当。『百鬼夜行――陰』「毛倡妓」にて掘り下げがある。
加門(かもん)
四谷署の刑事。目潰し魔事件を担当。馬顔の男。
七条(しちじょう)
四谷署の刑事。目潰し魔事件を担当。栄螺のような顔の男。

用語[編集]

婦女目潰し殺人事件(ふじょめつぶしさつじんじけん)
東京と千葉で女性ばかりが狙われた連続殺人事件。被害者は全員両目を抉り取られていた。最初の事件は昭和27年5月に発生。最有力容疑者は平野祐吉。
聖ベルナール女学院(せいべるなーるじょがくいん)
房総のとある山中にある基督教の女学院。織作当主が大正時代に創設した私立学校。現在の理事長は織作是亮。
呪い(のろい)
大蜘蛛が男を殺し、黒い聖母が女を殺す。呪ったら、呪ったとおりに本当に死ぬ。
黒い聖母(くろいせいぼ)
学院の一区画に安置された真っ黒な聖母像。夜になると動くといわれる。
蜘蛛の僕(くものしもべ)
悪魔崇拝グループ。キリストを冒涜するために売春をしている。抜けようとしたり情報を漏らした者にはリンチを加え、また「呪いの儀式」を知った者を引き入れる。麻田夕子以外のメンバーは不明。
織作家(おりさくけ)
紡績業で一代の富を築き上げた財閥。柴田財閥に劣らぬ力を持っている。雄之助の代になり、柴田財閥と手を組んだ。女性が多く生まれるため、他所から婿養子をとっている。当主は男、家長は女。

漫画[編集]

志水アキにより漫画化され、「マガジンSPECIAL」で連載された。

書誌情報[編集]

関連項目[編集]