給田 (世田谷区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 東京都 > 世田谷区 > 給田 (世田谷区)
給田
—  町丁  —
佼成学園女子中学校・高等学校
給田の位置(東京23区内)
給田
給田
給田の位置
座標: 北緯35度39分44.72秒 東経139度35分24.89秒 / 北緯35.6624222度 東経139.5902472度 / 35.6624222; 139.5902472
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Setagaya, Tokyo.svg 世田谷区
地域 烏山地域
面積[1]
 - 計 0.846km2 (0.3mi2)
人口 (2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 - 計 12,746人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 157-0064[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 世田谷

給田(きゅうでん)は、東京都世田谷区町名住居表示実施済み。現行行政地名は給田一丁目から給田五丁目。郵便番号157-0064[2]

地理[編集]

東京都世田谷区の北西部に位置し、北で北烏山、東で南烏山、南で上祖師谷の各町に隣接し、西は東京都調布市仙川町・緑ケ丘に、北は東京都三鷹市北野にそれぞれ隣接する。

河川[編集]

地価[編集]

住宅地の地価は、2014年平成26年)1月1日公示地価によれば、給田2-6-17の地点で35万6000円/m2となっている。[4]

歴史[編集]

江戸時代多摩郡給田村。1889年明治22年)、千歳村の大字となる。1936年昭和11年)より世田谷区給田町。1970年(昭和45年)、住居表示により給田一-五丁目が成立した。

地名の由来[編集]

文字通り荘園制における給田を意味すると考えられるが、具体的な由来は伝わっていない。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
給田一丁目 642世帯 1,189人
給田二丁目 727世帯 1,330人
給田三丁目 2,283世帯 4,105人
給田四丁目 1,728世帯 3,602人
給田五丁目 1,093世帯 2,520人
6,473世帯 12,746人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5]

丁目 番地 小学校 中学校
給田一丁目 全域 世田谷区立烏山小学校 世田谷区立上祖師谷中学校
給田二丁目 全域
給田三丁目 1~24番
その他 世田谷区立給田小学校
給田四丁目 全域
給田五丁目 全域

交通[編集]

鉄道[編集]

バス[編集]

道路[編集]

施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 世田谷区の町丁別人口と世帯数”. 世田谷区 (2017年12月4日). 2017年12月27日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月27日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月27日閲覧。
  4. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  5. ^ 通学区域”. 世田谷区 (2017年4月1日). 2017年12月27日閲覧。