統一ライオンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
統一ライオンズ
Uni-President Lions
創設 1989年
所属リーグ

中華職業棒球大聯盟

歴代チーム名

  • 統一棒球隊(1989年)
  • 統一ライオンズ(1990年 - 2007年
  • 統一セブンイレブン・ライオンズ(2008年 - )
本拠地
台南市立野球場
Tainan Baseball Stadium.jpg
収容人員 12,500人
統一ライオンズの位置(台湾内)
統一ライオンズ

台南市の旗 台南市
フランチャイズの遍歴

永久欠番
獲得タイトル
リーグ年間優勝(9回)

1991年・1995年・1996年・2000年・2007年・2008年・2009年・2011年・2013年

リーグ優勝(14回)

1991年後・1993年後・1995年前・1995年後・1996年前・2000年後・2001年前・2004年前・2008年前・2009年前・2011年前・2012年前・2013年後・2020年後

成績(タイトル以外)
アジアシリーズ出場(4回)(太字は優勝、斜体は準優勝)

2007年・2008年・2011年・2013年

球団組織
オーナー 蘇泰安
運営母体 統一企業
監督 林岳平
統一ライオンズ
各種表記
繁体字 統一獅
簡体字 统一狮
拼音 Tǒngyī Shī
英文 Uni-President Lions
テンプレートを表示
YouTube
チャンネル
活動期間 2008年5月5日 -
ジャンル 野球
登録者数 約2.54万人
総再生回数 約1074万回
チャンネル登録者数、総再生回数は2020年8月31日時点。
テンプレートを表示

統一ライオンズ(とういつライオンズ[注 1]、トンイ・ライオンズ、中国語: 統一獅隊、英語: Uni-President Lions)は、台湾中華職業棒球大聯盟所属のプロ野球チームである。チームカラーは緑色とオレンジ色。

球団親会社の統一企業グループは台湾の流通(小売)最大手であり、同グループ傘下の統一超商セブン-イレブンを台湾全土で運営している(初出店時はアメリカ本社と契約、のち日本のセブン-イレブンを模範)。そのため、宣伝を兼ね2008年から球団名を統一セブンイレブン・ライオンズに変更した、ただ便宜上などの理由としては統一ライオンズに呼ばれることも多い。同グループが本社を置く台南市を球団本拠地としている。1997年台湾大聯盟が発足するまで台湾南部唯一の球団で、「南覇天」の異名を持つ。

中信兄弟と並ぶ老舗球団であり、2016年シーズン終了現在、通算勝利数と年間王者決定戦への出場回数、年間王者9回は連盟最多を誇っている。

略歴[編集]

  • 1989年 - 統一棒球隊設立。
  • 1990年 - 中華職業棒球聯盟へ加盟し、統一ライオンズに改称。
  • 1991年 - 後期優勝。チャンピオンシリーズも制し、初の年間王者となる。
  • 1995年 - 前後期優勝を果たし、2度目の年間王者になる。11月のアジア・パシフィックスーパーベースボールで、台湾のプロ野球チームとして初の国際大会優勝を成し遂げる。
  • 1997年 - 年間成績では1位ながら、前後期ともに2位に終る。
  • 2005年10月18日 - 連盟初の球団通算800勝。
  • 2006年6月23日 - 連盟記録となる17連勝を達成。
  • 2007年9月20日 - 連盟初の球団通算900勝。
  • 2007年10月28日 - 台湾シリーズ第5次年間優勝。11月、アジアシリーズに初出場するも予選敗退。
  • 2008年2月21日 - 統一セブンイレブン・ライオンズに改称。
  • 2008年11月2日 - 台湾シリーズ連覇達成。同月アジアシリーズに2年連続で出場したが、決勝で埼玉西武ライオンズに破れ、準優勝。
  • 2009年6月6日 - 統一セブンイレブン・ライオンズ1000勝達成。
  • 2009年10月25日 - 台湾シリーズ3連覇達成。
  • 2011年4月13日 - 統一セブンイレブン・ライオンズ1100勝達成。
  • 2011年10月20日 - 台湾シリーズ第8次年間優勝。
  • 2011年11月 -アジアシリーズ(台湾・台中など)に、3大会連続で台湾代表として出場したが、福岡ソフトバンクホークス(日本)、三星ライオンズ(韓国)に敗れ決勝進出を逃す。
  • 2012年11月 -前期は2位に12ゲーム差をつけ優勝を飾るも、後期は3位に終わり台湾シリーズではLamigoモンキーズに敗れた。
  • 2013年10月 -後期優勝で台湾シリーズに出場し、前期優勝の義大ライノズに4連勝し第9次年間優勝を果たしたが、アジアシリーズでは決勝でオーストラリアのキャンベラ・キャバルリーに敗れ準優勝に終わった。

チーム成績・記録[編集]

  • リーグ優勝 14回(1991年後期、1993年後期、1995年前期、1995年後期、1996年前期、2000年後期、2001年前期、2004年前期、2008年前期、2009年前期、2011前期、2012前期、2013年後期、2020年後期)
  • 年間王者 9回(1991年、1995年、1996年、2000年、2007年、2008年、2009年、2011年、2013年)
  • 最多連勝 17連勝(2006年5月19日から同年6月23日まで)
  • 9回で終了した試合の最長時間 4時間52分(2007年4月5日 対兄弟) - 当時の世界記録とされる
チャンピオンシリーズ
  • 最多得点 15点(1996年10月29日味全
  • 最多安打 24本(1996年10月29日 対味全)
  • 最多二塁打 5本(1996年10月29日 対味全)
  • 最多打点 14点(1996年10月29日 対味全)
  • 最大点差 13点差(1996年10月29日 対味全)

歴代監督[編集]

  • 鄭昆吉(1990年 - 1993年)
  • 大石弥太郎(1994年 - 1996年)
  • 林家祥(1997年 - 1998年) - 1998年は井上修が7試合代理監督
  • 曾智偵(1999年 - 2002年) - 2000年は竹之内雅史が10試合代理監督
  • 謝長亨(2003年 - 2005年前期)
  • 大橋穣(2005年後期 - 2007年前期) - 2007年前期は開幕から17試合目まで
  • 羅國璋(2007年前期) - 18試合目以降
  • 呂文生(2007年後期 - 2012年前期)
  • 中島輝士(2012年前期 - 2013年後期)
  • 陳連宏(2013年後期 - 2015年)
  • 郭泰源(2016年)
  • 黃甘霖(2017年 - 2019年前期)
  • 劉育辰(2019年後期)
  • 林岳平(2020年 - )

永久欠番[編集]

  • 22 曾智偵(2008年まで。その後は他の選手が使用している)

在籍選手[編集]

監督
  • 11 林岳平
コーチ
  • 34 高志綱
  • 70 周廣勝
  • 71 羅錦龍
  • 76 ハイメ・ナバーロ(納瓦洛)
  • 82 陳俊輝
  • 85 凃壯勳
  • 92 劉育辰
  • 96 郭俊佑
二軍監督
  • 98 高建三
二軍コーチ
  • 58 陳連宏
  • 61 朱元勤
  • 72 高政華
  • 80 陳瑞昌
  • 81 鄭博壬
  • 89 林偉
  • 91 莊景賀
投手
  •  4 劉予承
  • 10 林煜清
  • 12 陳韻文
  • 16 江辰晏
  • 17 林子崴
  • 18 潘威倫
  • 19 古林睿煬
  • 20 陳育軒
  • 21 郭恆孝
  • 23 劉軒荅
  • 26 テディ・スタンキビッチ(泰迪)
  • 29 王玉譜
  • 30 李其峰
  • 37 邱浩鈞
  • 40 黃竣彥
  • 41 王鏡銘
  • 42 傅于剛
  • 43 林威志
  • 45 施子謙
  • 47 賴泊凱
  • 48 林航
  • 50 ブロック・ダイクゾーン(布雷克)
  • 51 林其緯
  • 54 ティム・メルビル(猛威爾)
  • 57 呉承諭
  • 60 鄭鈞仁
  • 63 洪心騏
  • 69 方建徳
  • 75 張竣凱
  • 78 李慶隆
  • 79 姚杰宏
  • 95 江承峰
  • 104 林原裕
  • 105 楊淳弼
  • 蔡萬霖
捕手
  • 15 郭峻偉
  • 31 林祐樂
  • 36 柯育民
  • 46 羅暐捷
  • 65 陳重羽
  • 74 張肇元
  • 86 郭信甫
  • 87 呉瑀政
  • 88 薛惟中
  • 徐政斌
  • 吳家維
内野手
  •  2 林子豪
  •  3 施冠宇
  •  5 郭阜林
  •  7 黃恩賜
  • 13 陳鏞基
  • 22 楊家維
  • 24 陳傑憲
  • 25 鄧志偉
  • 35 潘傑楷
  • 38 蔡奕玄
  • 39 林祖傑
  • 44 黄紹熙
  • 53 何恆佑
  • 62 呉桀睿
  • 64 林靖凱
  • 66 陳重廷
  • 67 姚雨翔
  • 68 高國慶
  • 90 許哲晏
  • 94 呉奕璋
外野手
  •  6 唐肇廷
  •  8 羅國龍
  •  9 李丞齢
  • 14 邱智呈
  • 27 江亮緯
  • 28 鄭鎧文
  • 32 蘇智傑
  • 33 林勝傑
  • 49 吳國豪
  • 52 張偉聖
  • 55 潘武雄
  • 59 莊駿凱
  • 77 林安可

日本のプロ野球との関係[編集]

中日ドラゴンズと業務提携を結んでいる。1995年に福岡ドームで開催されたアジア・パシフィックスーパーベースボールに出場し、福岡ダイエーホークスを1対0で下した。

日本の球団に在籍したことのある主な選手・コーチ
コーチ
選手

その他在籍していた選手・コーチ[編集]

監督・コーチ
選手

マスコットキャラクター[編集]

  • 莱恩 - ユニフォームを着たアニメ調のライオン
  • OPENちゃん(OPEN小將) - 台湾におけるセブンイレブンのマスコットキャラクター。2008年2月に「統一7-ELEVENライオンズ」に改称したのを機に、ライオンズのマスコットキャラクターにも起用された。

脚注[編集]

  1. ^ 中華民国中央放送局等で日本語読みがなされている。

関連項目[編集]