統一I型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

統一I型(とういついちがた)は初期のビデオテープの規格である。オープンリール式で、テープ幅は1/2インチ(12.7mm)。1969年に作られた[1]

概要[編集]

1960年代のビデオテープレコーダは現在のビデオカセット方式とは異なり、記録媒体はオープンリール式であり、メーカーによって規格が違っていた。1964年にソニーから世界で最初の家庭用VTR「CV-2000」、1965年に松下電器産業が「NV-1000」、1966年にビクターが「KV-800」[2]、1967年には東芝が「GV-1010」をそれぞれ発売した[3]。カラーVTRはソニー、松下電器、東芝が1966年までに発表していたが1966年11月にビクターが販売を発表し1967年6月に発売された[4][5]

しかし一般家庭に普及するために規格統一を図ることとなり、1967年に日本電子機器工業会が「VTR調査委員会」を発足し、1969年に規格合意となった(CP-504)[6]。カラーVTRの規格化はさらに遅れ、1971年となった(CP-507)。それまでのVTRは各社規格が異なるため再生はできない。

回転ヘッド部の回転速度とテープの巻き取り走行速度によるテープ相対速度を規定することで、メーカーが異なっても記録および再生が可能となる規格を一定したのが統一I型と呼ばれたビデオテープレコーダである。

レコーダ[編集]

初期の家庭用ビデオテープレコーダは高額のため一般大衆にはあまり使われず、役者、歌手など全国的にも十数台稼動している程度であった。藤山寛美ミヤコ蝶々、踊りのお師匠さんなどが使用していた[要出典]

メーカー側の生産体制も月産30 - 50台で、その内正常に駆動するのが数台といった状況であった。ヘッド部とテープ走行メカニック部が個々の部品で成り立っていたため輸送中のショックで歪みが生じたり、記録機器と再生機器が異なると磁気帯記録トラックの微妙な誤差が生じるため再生モニターでは画像が乱れたりした。このヘッド部位のズレを技術者が専用の拡大鏡を使って手加減補正していた。この頃の設置先には熟練した技術者が同行していた。取り付けビスの絞め方によっても画像が乱れる精密機器であった[要出典]

統一I型の初期機器は一台18kgもあった。

フォーマット概要[編集]

  • 記録方式:回転2ヘッド・ヘリカルスキャニング方式(電子機械工業会カラーVTR推薦規格、統一1型規格)
  • 記録ヘッド数:2
  • テープ幅:12.65 mm(1/2インチ
  • テープ送り速度:137mm/s[7]
  • 相対速度:11.9m/s
  • ドラム径:127mm
  • リール径:184mm(7号)
  • 水平解像度:白黒300本以上 カラー230本以上

主な機種[編集]

  • ソニー AV-3700 AV-3750 AV-5100 AV-5700 AV-8700(カラー) AV-8750(電子編集装置付、カラー)
  • 日本ビクター KV-340[8](1970年)
  • 松下電器 NV-3020[9](1969年)
  • 日立 VT-1300H(1970年)
  • 東芝 GV-211C(1971年、カラー)
  • 東芝 インスタビデオ(1971年)
  • 三洋電機 VTR-2000C(1971年)

脚注[編集]

  1. ^ 社団法人 日本記録メディア工業会|消費者の皆様へ|AVテープの種類”. web.archive.org (2009年1月1日). 2021年6月7日閲覧。
  2. ^ 1966年11月にビクターがカラーアダプタ式のKVC-800を発売。
  3. ^ 戦後日本のイノベーション100選 安定成長期 家庭用ビデオ(カセット)”. koueki.jiii.or.jp. 2021年6月7日閲覧。
  4. ^ 1967年2月発売の白黒VTR「KV-800型」にカラーアダプター「CD‐1型」を付け加えるだけで簡単にカラー化することができるもの。「KV-800型」は23万円、「CD-1型」は17万円、「KVC-800型」は40万円だった。「CD-1型」は1967年6月発売となった。
  5. ^ カラーVTR発売と恐怖のドライブ” (日本語). At the Moment. 2021年6月7日閲覧。
  6. ^ ビデオテープ形式”. web.archive.org (2009年6月24日). 2021年6月7日閲覧。
  7. ^ 松下「NV-3020」
  8. ^ 産業技術史資料データベース”. sts.kahaku.go.jp. 2021年6月7日閲覧。
  9. ^ 産業技術史資料データベース”. sts.kahaku.go.jp. 2021年6月7日閲覧。

関連項目[編集]