絶対BLになる世界VS絶対BLになりたくない男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
絶対BLになる世界VS絶対BLになりたくない男
ジャンル ボーイズラブギャグ漫画
漫画
作者 紺吉
出版社 祥伝社(単行本)
掲載誌 pixivコミック
マンガJam
レーベル フィールコミックス Jam
発表期間 2018年11月7日 -
巻数 既刊2巻(2020年12月現在)
テレビドラマ
監督 三木康一郎
脚本 川崎いづみ
制作 ファインエンターテイメント
放送局 テレ朝チャンネル
発表期間 2021年3月27日 - 同日終了
話数 全1話
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画テレビドラマ
ポータル 漫画・テレビ・ドラマ

絶対BLになる世界VS絶対BLになりたくない男』(ぜったいびいえるになるせかいぶいえすぜったいびいえるになりたくないおとこ)は、紺吉による日本漫画作品。『pixivコミック』内『マンガJam』レーベルにて2018年11月7日より連載中[1]。単行本は祥伝社より刊行され、既刊2巻(2020年12月現在)。略称は「絶対BL[2]。2021年2月時点で累計部数は25万部を突破している[3]

元々は著者が個人的にぽん酢茸の名前でTwitterで発表した作品で、第1話をアップしたところで出版社から連載化の声がかかり[4]、商業連載前の時点でTwitterでの「いいね」が19万超え[5]。初投稿の後日(商業連載前)にはpixivの個人アカウントで投稿し2018年1月投稿分の「pixivコミック月例賞」の大賞を受賞している[6]。「次にくるマンガ大賞2019」Webマンガ部門で11位を受賞し[7]、「WEBマンガ総選挙2019」では4位を受賞した[8]

2020年4月にはドラマCDが発売され[9]、2021年5月には第2弾も発売予定[10]

2021年、犬飼貴丈主演でテレビドラマ化が決定[11]。同年3月27日にCSテレ朝チャンネル1にて放送された。また同年6月25日にBlu-ray&DVDの発売が決定。特典映像としてメイキング&キャストインタビューやPRスポット集が収録される予定[12]

あらすじ[編集]

主人公は自分のいる世界がボーイズラブ漫画の世界であると気付いていたが、自分がイケメンではなくモブであることに安心し、貞操の心配をせずに生活を送っていた。しかし「普通」属性がボーイズラブの世界ではメインに据えられやすいことを知った主人公は、男同士が恋に落ちるようにできているこの世界に負けないと固く誓うのであった。そんな主人公が周囲で繰り広げられるボーイズラブを傍観しつつ、巻き込まれそうになったら上手にかわし、心の中でツッコミを入れていく物語。

登場人物[編集]

「声」はドラマCD版、「演」はテレビドラマ版。

主人公と周辺人物[編集]

主人公[注釈 1]
声 - 中島ヨシキ[9] / 演 - 犬飼貴丈[11]
大学生。巨乳が好き。
滝本(たきもと)
主人公の友達で、宅飲みをするメンバー。大学生。秋人と交際している。身長は188cm。属性は「クール」「男前」。
秋人(あきひと)
主人公の友達で、宅飲みをするメンバー。大学生。滝本と交際している。身長は174cm。属性は「苦学生」「恥ずかしがり屋」。
七原 洋司(ようじ)[注釈 2]
主人公の友達で、宅飲みをするメンバー。大学生。マサヤと交際している。身長は175cm。属性は「ツンデレ」「美人」。
マサヤ
主人公の友達で、宅飲みをするメンバー。大学生。洋司と交際している。身長は180cm。属性は「強気」「絶倫」。
涼太(りょうた)
主人公の友達。斗真と交際している。身長は174cm。属性は「元気」「天然」。
斗真(とうま)
主人公の友達。涼太と交際している。身長は181cm。属性は「イケメン」「ノンケ」→「執着」。
真山 真純(まやま ますみ)
ボーイズラブ漫画家。現役大学生。人間観察力に長けている。身長は165cm。属性は「腐男子」「自信家」。
ミーコ
主人公の家の猫。オス。去勢済み。身長は25cm[注釈 3]

弟の関係者[編集]

綾人(あやと)
声 - 土田玲央[9]
主人公の弟。高校2年生。身長は168cm。属性は「モブ」「高校生」。
東條(とうじょう)
声 - 江口拓也[9]
綾人の親友。綾人に告白をした。高校では生徒会長を務めている。嘘をつく時に相手の目を覗きこむように見る癖がある。身長は182cm。属性は「イケメン」「策略家」。
柳(やなぎ)
声 - 下野紘[3]
綾人の友達。当て馬。身長は161cm。属性は「かわいい」「三角関係」。
三郷(みさと)
関西弁で話す転校生。幼稚園の時に綾人と結婚の約束をした。身長は191cm。属性は「やんちゃ」「ワンコ」。

書誌情報[編集]

  • 紺吉『絶対BLになる世界VS絶対BLになりたくない男』祥伝社〈フィールコミックス Jam〉、既刊2巻(2020年2月12日現在)
    1. 2019年4月8日発売[13]ISBN 978-4-396-79130-8
    2. 2020年12月24日発売、ISBN 978-4-396-79173-5

テレビドラマ[編集]

絶対BLになる世界VS絶対BLになりたくない男
ジャンル テレビドラマ
原作 紺吉『絶対BLになる世界VS絶対BLになりたくない男』
脚本 川﨑いづみ
監督 三木康一郎
出演者 犬飼貴丈
ゆうたろう
伊藤あさひ
塩野瑛久
小南光司
北村諒
栗山航
和田颯Da-iCE
中本大賀円神
草地稜之(円神)
矢部昌暉DISH//
宇野結也
宇佐卓真
小林亮太
濱正悟
田村心
こんどうようぢ
定本楓馬
本田響矢
砂川脩弥
坂田秀晃
音楽 小山絵里奈
オープニング Da-iCE「Bubble Love」
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本語
話数 1
製作
制作 ファインエンターテイメント
放送
放送チャンネルテレ朝チャンネル1
映像形式文字多重放送
音声形式ステレオ放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2021年3月27日
放送時間土曜 21:00 - 23:00
回数1
公式サイト
テンプレートを表示

2021年3月27日テレ朝チャンネル1にて放送されたテレビドラマ[注釈 4]。主演は犬飼貴丈。原作では主人公の青年に明確な名前はなく主人公とされているが、ドラマでは便宜上、モブモブキャラクター)と呼称される。キャッチコピーは『恋するものたちよ、かかって来い!オレだけはキュンしないからな!』。

あらすじ[編集]

主人公・モブは、ある日、登場人物たちが必ず「BL(ボーイズラブ)」になってしまうBL漫画の世界の住人だと気づいた。“モブ”という役柄が示す通り、"平凡な容姿"・"平凡なスペック"の持ち主であるため、主役ではなく、あくまで群衆の中のひとりとして生活していた。しかし、日常の何気ない出来事に胸キュンしたり、ときめきを覚える"BL事案"が次々と身の回りに起こる。元来、女の子好きなモブは、BL恋愛に発展しそうなシチュエーションを回避するために自らBL漫画を大量に読み漁り、事前に回避する知恵や知識を得たが、そこは「BLの世界」。華やかな主役の陰で、目立たない平凡なモブキャラを好む"スピンオフ"なシチュエーションが新たに生まれては、次から次へと襲い掛かかってくる。果たしてモブは抗いきれるのか?

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 原作では名前は登場しないが、ドラマでは便宜上「モブ」(モブキャラクター)と呼ぶ。
  2. ^ 苗字の読みは不明。
  3. ^ 単行本第1巻に記述があるが、どこの長さなのか不明。
  4. ^ 本放送より2週間後まで、スカパー!オンデマンドで見逃し配信あり。また、同年4月17日に再放送あり。

出典[編集]

  1. ^ “非イケメンの平凡男、“絶対BLになる世界”でフラグに抗うギャグ新連載”. コミックナタリー (ナターシャ). (2018年11月7日). https://natalie.mu/comic/news/306956 2021年2月18日閲覧。 
  2. ^ “ドラマCD『絶対BL』追加声優3名が決定!”. animate Times. (2020年2月16日). https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1581834744 2021年2月19日閲覧。 
  3. ^ a b “累計25万部突破の話題作「絶対BLになる世界VS絶対BLになりたくない男」第2弾のドラマCD化が決定!”. PR TIMES (PR TIMES). (2021年2月19日). https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000002421.000016756.html 2021年3月8日閲覧。 
  4. ^ Twitterのつぶやきから実写ドラマ化へ!『絶対BLになる世界VS絶対BLになりたくない男』紺吉インタビュー”. pixivision (2021年3月26日). 2021年6月12日閲覧。
  5. ^ いいね19万超え!Twitterで大人気の「メタBL」11/7連載開始”. ちるちる (2018年11月7日). 2021年6月12日閲覧。
  6. ^ 1月投稿分pixivコミック月例賞結果発表”. pixivコミック (2018年2月21日). 2021年6月11日閲覧。
  7. ^ “遠藤達哉「SPY×FAMILY」次にくるマンガ大賞2019のWebマンガ部門1位に”. コミックナタリー (ナターシャ). (2019年8月22日). https://natalie.mu/comic/news/344610 2021年2月18日閲覧。 
  8. ^ “WEBマンガ総選挙2019、第1位はいちかわ暖「新しい上司はど天然」”. コミックナタリー (ナターシャ). (2019年10月17日). https://natalie.mu/comic/news/351796 2021年2月18日閲覧。 
  9. ^ a b c d “「絶対BLになる世界VS絶対BLになりたくない男」ドラマCD化、主人公は中島ヨシキ”. コミックナタリー (ナターシャ). (2020年1月19日). https://natalie.mu/comic/news/363723 2021年2月18日閲覧。 
  10. ^ “「絶対BL」ドラマCD第2弾に岡本信彦・天崎滉平・鈴木達央、描き下ろしジャケ公開”. コミックナタリー (ナターシャ). (2021年3月5日). https://natalie.mu/comic/news/418840 2021年3月5日閲覧。 
  11. ^ a b “「絶対BLになる世界vs絶対BLになりたくない男」ドラマ化、主演は犬飼貴丈”. コミックナタリー (ナターシャ). (2021年2月18日). https://natalie.mu/comic/news/416807 2021年2月18日閲覧。 
  12. ^ “話題の不条理BLギャグマンガが完全実写ドラマ化!「絶対BLになる世界vs絶対BLになりたくない男」Blu-ray&DVDが6/25発売決定!”. PR TIMES. (2021年3月27日). https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000599.000031422.html 2021年3月28日閲覧。 
  13. ^ “俺は“BLの世界”の住人…!?立ちまくるフラグに全力で抗うギャグが単行本化”. コミックナタリー (ナターシャ). (2019年4月8日). https://natalie.mu/comic/news/327087 2021年2月18日閲覧。 
テレビドラマ