絶滅した植物一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

絶滅した植物一覧(ぜつめつしたしょくぶついちらん、List of extinct plants)は、地球上から絶滅した植物のリストである。野生個体の絶滅である「野生絶滅」も扱う。ある特定の国での絶滅は#特定の国での絶滅に記載する。

先カンブリア時代[編集]

古生代[編集]

シルル紀[編集]

デボン紀[編集]

  • プシロフィトン(シダ植物、サイロフィトンともいう)
  • アーケオプテリス(シダ植物、前裸子植物類)
  • ゾステロフィルム(シダ植物)
  • カラモフィトン(シダ植物)
  • プロトレピドデンドロン(シダ植物)

石炭紀[編集]

ペルム紀[編集]

中生代[編集]

三畳紀[編集]

  • アラウカリオキシロン
  • クラドフレビス(シダ植物)
  • ザミテス
  • サンミグリア
  • ブラキフィルム
  • プレウロメイア(シダ植物)

ジュラ紀[編集]

  • エボラキア(シダ植物)
  • オスムンダカウリス(シダ植物)
  • キカデオイデア
  • カセキイチョウ(裸子植物、イチョウの仲間)
  • クプレッシノクラドゥス
  • クラドフレビス(シダ植物)
  • グレイケニテス(シダ植物)
  • コニオプテリス(シダ植物)
  • ザミテス(裸子植物)
  • チェカノウスキア
  • ニルソニア
  • ネオカラミテス(シダ植物)
  • バイエラ(裸子植物、イチョウの仲間)
  • プティロフィルム
  • ベフニニア
  • ヘルマノフィトン

白亜紀[編集]

  • アルカエフルクトゥス被子植物
  • アルカエアントゥス(被子植物)
  • ウィリアムソニエラ(裸子植物)
  • エフェドリテス(裸子植物)
  • エラトクラドゥス
  • イチョウモドキ(裸子植物)
  • クラドフレビス(シダ植物)
  • ザビニテス
  • スチゾレピス(裸子植物)
  • ステノラチス(裸子植物)
  • スフェノバイエラ(裸子植物)
  • セラジネリテス(シダ植物)
  • チェカノウスキア(裸子植物)
  • ネオカラミテス
  • パジオフィルム(裸子植物)
  • ピティオクラドゥス(裸子植物)
  • プテロフィルム(裸子植物)
  • ポドザミテス
  • ボトリチテス(シダ植物)
  • リャオニンゴクラドゥス(裸子植物)
  • レプトストリブス(裸子植物)

新生代[編集]

古第三紀[編集]

新第三紀[編集]

第四紀[編集]

紀元前(BCE)[編集]

  • シルフィウム英語版 - 現在のリビア当たりの沿岸に自生していた。薬・調味料としてローマで珍重された。紀元前3~2世紀ごろに絶滅。原因は不明だが、砂漠化と放牧などが挙げられている。

共通紀元(CE、もしくは西暦 AD)[編集]

17世紀以降[編集]

再発見されたもの[編集]

一旦は何かしらの形で絶滅が確定したと思われていたものの、近年になり生存が確認されたものを列挙。

  • ファフィドスポラ・カバーナルム Rhaphidospora cavernarum
  • テウクリウム・アジュガセウム Teucrium ajugaceum
  • ハツシマラン
  • ヒュウガホシクサ[1]
  • ホソスゲ[2]

特定の国での絶滅[編集]

日本[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「環境省レッドリスト2017の公表について」より
  2. ^ a b 環境省レッドリスト2017 補遺資料 p.50 (2017年10月26日閲覧)
  3. ^ 環境省レッドリスト2017 p.65 (2017年10月26日閲覧)

参考文献[編集]

関連項目[編集]