綏州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

綏州(すいしゅう)は、中国にかつて存在した。現在の陝西省楡林市綏徳県に設置された。

魏晋南北朝時代[編集]

西魏により綏州が設置された。

隋代[編集]

初には、綏州は4郡10県を管轄した。583年開皇3年)、隋が郡制を廃すると、綏州の属郡は廃止された。605年大業元年)、綏州は銀州を統合し、上州と改称された。607年(大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、上州は雕陰郡と改められ、下部に11県を管轄した[1]。隋代の行政区分に関しては下表を参照。

隋代の行政区画変遷
区分 開皇元年 区分 大業3年
綏州 銀州 雕陰郡
安寧郡 安政郡 撫寧郡 綏徳郡 真郷郡 開光郡 上県 大斌県 城平県
開疆県 撫寧県 延福県
綏徳県 真郷県 開光県
銀城県 儒林県
上県
安寧県
安人県
義良県
大斌県
城平県
開疆県
撫寧県
延陵県
綏徳県 真郷県 開光県
銀城県

617年大業13年)、梁師都が梁を建国すると、綏州はその勢力範囲に置かれた。

唐代[編集]

620年武徳3年)、により延州豊林県に僑州としての綏州が設置された。綏州の州治は623年(武徳6年)に延州延川県境に移され、624年(武徳7年)に魏平県境の魏平廃城に移された。628年貞観2年)に唐が梁師都を滅ぼすと、綏州の州治は上県に移された。742年天宝元年)、綏州は上郡と改称された。758年乾元元年)、上郡は綏州の称にもどされた。綏州は関内道に属し、竜泉・延福・綏徳・城平・大斌の5県を管轄した[2]

宋代[編集]

982年太平興国7年)、綏州は西夏に占領された。1069年熙寧2年)、北宋が綏州の地を奪回すると、綏徳城が置かれた。綏徳城は延州に属し、米脂・義合・浮図・懐寧・順安・綏平の6寨を管轄した。1099年元符2年)、綏徳城は綏徳軍と改められた[3]

1182年大定22年)、により綏徳軍は綏徳州と改称された[4]

脚注[編集]

  1. ^ 隋書』地理志上
  2. ^ 旧唐書』地理志一
  3. ^ 宋史』地理志三
  4. ^ 金史』地理志下