続 浪曲子守唄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
子守唄シリーズ > 続 浪曲子守唄
続 浪曲子守唄
Samurai Lullaby Part2
Daddy's Lullaby
監督 鷹森立一
脚本 池田雄一
出演者 千葉真一
小山明子
大原麗子
下沢広之
一節太郎
田中邦衛
花沢徳衛
岡崎二朗
河津清三郎
嵐寛寿郎
音楽 菊池俊輔
主題歌 一節太郎 「浪曲子守唄
撮影 西川庄衛
編集 長沢嘉樹
製作会社 東映
配給 東映
公開 日本の旗 1967年4月1日
上映時間 88分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 浪曲子守唄
次作 出世子守唄
テンプレートを表示

続 浪曲子守唄』(ぞく ろうきょくこもりうた、Samurai Lullaby Part2 or Daddy's Lullaby ) は、1967年日本映画主演千葉真一監督鷹森立一製作東映モノクロシネマスコープ、88分。『子守唄シリーズ』の第二作。

解説[編集]

きびしい渡世の姿、父子の愛情を謳いあげるシリーズ第二弾[1]。主人公の千葉真一以下、大原麗子下沢広之が引き続き出演している。子供の恩人を香具師となってたずね歩くお馴染み文吾親子、粉雪舞う北国の田舎町で、ドスの封印きった文吾が、男の正念場をみせる物語[1]

キャッチコピーは「ドスと坊やを一緒に抱いて!また響くあの名調子、ヒットシリーズ第二弾!![2]」。

ストーリー[編集]

遠藤文吾は刑務所で刑期を勤め、向う傷のジョーと共に出所した。息子の健一を預っていた照子は母に死なれて生活に困り、健一を知人に託して遠国に身を売っていた。文吾は健一を連れて照子を探す旅がはじまる。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

「浪曲子守唄」

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 続 浪曲子守唄”. 日本映画製作者連盟. 2015年10月30日閲覧。
  2. ^ 本作ポスターより。

関連項目[編集]