綱領 (メキシコ史)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

メキシコ史における綱領(こうりょう、スペイン語: Plan、「計画」とも訳される)は反乱とともに発布される、反乱の原則に関する声明である。この場合の反乱は武装反乱がほとんどであり、中央政府または地方政府に対するものである。メキシコにおける綱領はイスパノアメリカスペインで見られるプロヌンシアミエントよりも正式であり、一部はアメリカ独立宣言(もしアメリカ独立宣言がメキシコで発布されたら、「フィラデルフィア綱領」と呼ばれたのであろう)よりも詳しく書かれるほどであったが、それ以外の綱領は現政府の無効、および綱領の署名者が新しい大統領であると宣言するに留まった。

メキシコ史上、発布された綱領は100以上ある[1]

綱領の一覧[編集]

脚注[編集]

  1. ^ González, Román Iglesias. Planes políticos, proclamas, manifiestos y otros documentos de la Independencia al México moderno, 1812-1940 (Mexico City: UNAM, 1998)は105件の綱領の全文を記載している。
  2. ^ 桜井三枝子、黒崎充「メキシコ、ベラクルス中部地方のエル・タヒン文化の考古学および文化人類学的研究」、『大阪経大論集』第61巻第6号、2011年、 43頁。
  3. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典. “アユトラ綱領”. コトバンク. 2018年5月13日閲覧。
  4. ^ 世界大百科事典 第2版. “アヤラ綱領”. コトバンク. 2018年5月13日閲覧。

関連項目[編集]