網谷圭将

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
網谷 圭将
ヤマハ硬式野球部 #5
20161217 Keisho Amiya.jpg
横浜DeNA時代
(2016年12月17日 台中インターコンチネンタル野球場にて)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県市原市
生年月日 (1997-10-03) 1997年10月3日(23歳)
身長
体重
183[1] cm
82[1] kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手一塁手三塁手外野手
プロ入り 2015年 育成選手ドラフト1位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

網谷 圭将(あみや けいしょう、1997年10月3日 - )は、千葉県市原市出身の元プロ野球選手捕手内野手)。右投右打。現在は社会人野球ヤマハ硬式野球部所属。プロでは育成選手であった。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学生時代にちはら台ファイターズに所属。2009年には、千葉ロッテマリーンズのジュニアチームに参加している[2]。また、この時郡司裕也津留﨑大成とチームメイトであった。

千葉英和高等学校への進学後は、2年秋から捕手に定着する[3]と、3年春の千葉県大会において千葉黎明高等学校との2回戦で本塁打を放った。在学中には春夏とも阪神甲子園球場での全国大会へ出場できなかったが、この本塁打の打球の飛距離が140メートルと推定されたことや、対外試合で通算33本塁打を記録したことから、NPBの複数球団が網谷をドラフト会議の指名候補に挙げた[4]

2015年のNPB育成ドラフト会議で、横浜DeNAベイスターズから1巡目で指名。支度金300万円、年俸360万円(金額は推定)という条件で入団した[5]。背番号は100

DeNA時代[編集]

2016年には、春季キャンプを二軍で迎えながらも、キャンプ中に一軍の紅白戦へ出場。この試合で2安打を放ったことを一軍監督のアレックス・ラミレスから評価されたため、キャンプの後半から一軍へ合流した。しかし、合流5日目にKBOSKワイバーンズとの練習試合で左手の有鉤骨を骨折[6]。3月に患部の手術を受けたため、イースタン・リーグの公式戦には、19試合の出場で打率.184、5打点にとどまった[7]。守備面では、捕手として登録しながら、三塁手としての出場試合数(8試合)が捕手としての試合数(6試合)を上回った[8]。シーズン終了後には、フェニックス・リーグ台湾ウインターリーグへ派遣されている。

2017年には、ラミレスの意向で一軍の春季キャンプに参加[9]。キャンプ中に催された阪神タイガースとの練習試合では、この年の対外試合におけるチーム第1号本塁打を放った[10]。後に二軍へ回ったものの、二軍の首脳陣から強化選手に指定され、イースタン・リーグの公式戦では序盤から4番打者を任された[11]。リーグ戦全体では97試合に出場し、リーグの規定打席へ到達。公式戦初アーチを含め4本塁打を放ったが、打率は.180で、規定打席に到達した24選手中23位だった[12]。この年も捕手として登録されたが、一塁手として71試合、三塁手として15試合に起用される一方で、捕手としての出場は12試合にとどまった[13]

2018年には、ポジション登録を捕手から内野手に変更すると、イースタン・リーグ公式戦62試合に出場。18試合で一塁、9試合で外野、1試合で三塁を守りながら[14]、打率.203、4本塁打、11打点という成績を残した[15]。しかし、支配下選手登録や一軍公式戦への出場に至らないまま、10月3日に球団から戦力外通告10月31日付で、NPBから自由契約選手として公示された[16]

社会人野球時代[編集]

戦力外通告の直後に神宮球場東京六大学野球の秋季リーグ戦を観戦したことを機に、社会人野球経由でNPBへの復帰を目指すことを決意[10]。2018年12月6日には、内野手としてヤマハ硬式野球部へ入部することが発表され[17]2019年1月に正式入社[18]

チームとしては3年ぶりの出場となった第90回都市対抗にも出場。七十七銀行との1回戦では二塁打を放ち、5番・指名打者で出場したJR東日本との2回戦ではチーム唯一の複数安打を放ったが、チームは2回戦で敗退を喫した[18]

2020年外野手登録となっている。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 100 (2016年 - 2018年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b “網谷圭将”. 週刊ベースボールONLINE. https://sp.baseball.findfriends.jp/player/%E7%B6%B2%E8%B0%B7%E5%9C%AD%E5%B0%86/ 2020年10月11日閲覧。 
  2. ^ マリーンズ・ジュニアチーム 2009”. 千葉ロッテマリーンズ. 2016年11月9日閲覧。
  3. ^ “育成選手が「スーパースター」候補?DeNA網谷圭将という、底知れぬ魅力。(3)”. NumberWeb (文藝春秋). (2016年12月1日). http://number.bunshun.jp/articles/-/826987?page=3 2017年10月25日閲覧。 
  4. ^ 網谷圭将(千葉英和高) - プロ野球ドラフト会議特集”. 週刊ベースボールONLINE. 2016年11月9日閲覧。
  5. ^ “DeNA、育成1位指名の千葉英和高・網谷と合意”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2015年11月6日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/11/06/kiji/K20151106011460510.html 2015年11月6日閲覧。 
  6. ^ “育成選手が「スーパースター」候補?DeNA網谷圭将という、底知れぬ魅力。(2)”. NumberWeb (文藝春秋). (2016年12月1日). http://number.bunshun.jp/articles/-/826987?page=2 2017年10月25日閲覧。 
  7. ^ 2016年度 横浜DeNAベイスターズ 個人打撃成績(イースタン・リーグ)”. 日本野球機構. 2016年11月9日閲覧。
  8. ^ 2016年度 横浜DeNAベイスターズ 個人守備成績(イースタン・リーグ)”. 日本野球機構. 2017年10月25日閲覧。
  9. ^ DeNA・網谷が育成ながら異例の一軍キャンプ ラミレス監督「次の筒香」”. サンケイスポーツ (2017年1月24日). 2017年10月25日閲覧。
  10. ^ a b DeNA→社会人ヤマハへ網谷が描くプロ再挑戦の夢”. 日刊スポーツ (2018年12月24日). 2019年1月6日閲覧。
  11. ^ DeNA・網谷圭将 育成ながら異例の“強化指定””. 週刊ベースボール (2017年4月26日). 2017年10月25日閲覧。
  12. ^ 2017年度 イースタン・リーグ個人打撃成績(規定打席以上)”. 日本野球機構. 2017年10月25日閲覧。
  13. ^ 2017年度 横浜DeNAベイスターズ 個人守備成績(イースタン・リーグ)”. 日本野球機構. 2017年10月25日閲覧。
  14. ^ 2017年度 横浜DeNAベイスターズ 個人守備成績(イースタン・リーグ)”. 日本野球機構. 2018年1月6日閲覧。
  15. ^ 2016年度 横浜DeNAベイスターズ 個人打撃成績(イースタン・リーグ)”. 日本野球機構. 2019年1月6日閲覧。
  16. ^ 自由契約選手(育成選手)|2018年度公示”. NPB.jp 日本野球機構 (2018年10月31日). 2018年11月4日閲覧。
  17. ^ ヤマハ野球部 4人が新加入”. 静岡新聞 (2018年12月7日). 2019年1月6日閲覧。
  18. ^ a b “第90回都市対抗野球:ヤマハに恩返しを 元DeNA、浜松市・網谷圭将選手”. 毎日新聞. (2019年7月20日). https://mainichi.jp/ama-baseball/articles/20190720/ddm/041/050/145000c 2020年10月4日閲覧。 

関連項目[編集]