網走運動公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
網走運動公園
分類 運動公園[1]
所在地
座標 北緯44度00分21秒 東経144度16分15秒 / 北緯44.00583度 東経144.27083度 / 44.00583; 144.27083座標: 北緯44度00分21秒 東経144度16分15秒 / 北緯44.00583度 東経144.27083度 / 44.00583; 144.27083
面積 12.9ヘクタール[1]
開園 1976年11月10日[1]
運営者 網走市教育委員会
日専連オホーツク網走(網走市民健康プール)
設備・遊具 体育館プール野球場、屋内ゲートボール場、陸上競技場パークゴルフ
駐車場 正面駐車場169台(うち身障者用3台)
市営野球場東側駐車場80台
総合体育館裏駐車場86台(うち身障者用2台)
市民健康プール正面駐車場78台(うち身障者用2台)
アクセス 網走バス「駒場南1丁目」「総合グランド前」[2]
告示 計画決定:昭和28年3月24日建設省告示第325号[3]
テンプレートを表示

網走運動公園(あばしりうんどうこうえん)は、北海道網走市にある公園

概要[編集]

陸上競技選手や各種競技チームなどが合宿のために利用しているほか、網走市営陸上競技場では『ホクレンディスタンスチャレンジ』を開催している。
積雪期には陸上競技場の周囲に約600mの歩くスキーコースが整備され、用具の無料貸し出しも行われる。

施設[編集]

網走市総合体育館
第1体育室(1,634m² 43m×38m)、第2・第3体育室(392m² 14m×14m 2面)、第4体育室(135m²)
第1トレーニング室(196m² 14m×14m)、第2トレーニング室(97.2m² 10.8m×9m)、観客席(2階)
網走市民健康プール
日本水泳連盟公認25mプール[4]
競泳プール(25m×15m 水深1.4m 7コース)、児童プール(9.5m×8m 水深0.8m)、多目的プール(14m×7.75m 水深1.05m 手摺付きスロープ有)、ジャグジー(20.25m² 水深0.6m)
多目的ルーム(211.85m² フローリング床)、採暖室、更衣室、シャワー室、多目的更衣室(シャワー有)、多目的トイレ、受付ロビー、2階休憩スペース
網走市営野球場
ナイター照明有
すぱーく網走
建築面積1,478.75m²、延床面積1,181.17m²、人工芝(オムニ)コート(15m×20m 2面)
休憩室、更衣室、トイレ、事務室
網走市営陸上競技場
日本オリンピック委員会(JOC)認定競技別強化センター(長距離競歩)[5]日本陸上競技連盟第3種公認
トラック:全天候型舗装(ウレタン系)400m、メインスタンド側9レーン、曲線・バックスタンド側8レーン
跳躍場:全天候型舗装(ウレタン系)、走幅跳助走路2レーン、三段跳助走路2レーン、棒高跳助走路1レーン、走高跳助走路4ヶ所
投てき場:砲丸投サークル2ヶ所、円盤投ハンマー投サークル2ヶ所、やり投助走路(全天候型舗装)2ヶ所
障害池(男女兼用)1ヶ所、写真判定塔(S造4階建 4階カメラ室)
インフィールド(芝生)、スタンド(盛土スタンド)
網走運動公園パークゴルフ場
18ホール(パー66)、距離835m

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 都市施設(公園)”. 網走市. 2015年11月11日閲覧。
  2. ^ 市内線地図 (PDF)”. 網走バス. 2019年11月25日閲覧。
  3. ^ 北海道の都市公園一覧表 (PDF)”. 北海道. p. 67 (2010年3月31日). 2015年11月11日閲覧。
  4. ^ 公認プール一覧(北海道・東北)”. 日本水泳連盟(JASF). 2015年6月28日閲覧。
  5. ^ JOC認定競技別強化センター”. 日本オリンピック委員会(JOC). 2015年11月9日閲覧。

参考資料[編集]