綺麗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ウィクショナリー 綺麗」の語義については、ウィクショナリーの「きれい」の項目をご覧ください。
綺麗
サザンオールスターズスタジオ・アルバム
リリース
録音 1983年4月 - 6月
VICTOR AOYAMA STUDIO
ジャンル ロック
電子音楽[1]
民族音楽[1]
歌謡曲[1]
スカ[1]
ポップ[1]
ファンク[2]
時間
レーベル タイシタレーベル
プロデュース 高垣健
サザンオールスターズ
チャート最高順位
  • 週間1位(2週連続、通算3週・オリコン
  • 1983年度年度5位(オリコン)
サザンオールスターズ アルバム 年表
バラッド '77〜'82
1982年
綺麗
(1983年)
原由子 with サザンオールスターズ
(1983年)
『綺麗』収録のシングル
  1. EMANON
    リリース: 1983年7月5日(同発)
テンプレートを表示

綺麗』(きれい)は、サザンオールスターズの6枚目のアルバム1983年7月5日にCDとレコードで発売。発売元はタイシタレーベル

1989年6月25日にCDとカセットテープで再発売され、1998年4月22日2008年12月3日にもCDとして再発売されている。また、2014年12月17日からはダウンロード配信、2019年12月20日からはストリーミング配信が開始されている[3][4]

背景・リリース[編集]

前作『NUDE MAN』から約1年ぶりとなる作品[5]。18枚目シングル「EMANON」と同日に発売された[6]

1983年6月にビクター音楽産業(現・JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)からサザン専用レーベルであるタイシタレーベルを設立した。本作から Invitationではなく、タイシタレーベルからの発売となっており、ジャケットにもタイシタレーベルのタイマークが記載されている[6][7]

1998年の再発盤の初回限定盤は、オリジナルLP復刻ジャケット(いわゆる紙ジャケット)仕様で、森雪之丞によるライナーノーツが封入されている。

再発売[編集]

受賞歴[編集]

収録曲[編集]

  • シングル収録曲は各シングルで説明しているため、ここでは説明を省略する。なお、オリジナルでは8曲目からB面となっている。
  1. マチルダBABY(4'26)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    ロールプレイング・ゲームの要素が含まれている曲[9]
  2. 赤い炎の女(3'25)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    スパニッシュ音楽を取り入れた曲で[1]、歌詞はレズビアンについて歌われている。
  3. かしの樹の下で(3'01)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    桑田佳祐と原由子によるデュエット曲。
    中国残留孤児をテーマとした楽曲であり、ザ・ビートルズの「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」に影響されて制作したと自身の著書で語られている[10]
  4. 星降る夜のHARLOT(4'29)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    “HARLOT”とは英語で売春婦のことで、歌詞も売春婦の日常を描いたもの。
  5. ALLSTARS' JUNGO(2'56)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    シングル「EMANON」のカップリング曲。
  6. そんなヒロシに騙されて(3'07)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    原由子のボーカル曲。
    ジューシィ・フルーツ高田みづえもカバーしている。間奏では、男性メンバーによる原に向けた掛け声が収録されている。
  7. NEVER FALL IN LOVE AGAIN(3'50)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    映画『1980アイコ十六歳』挿入歌[11]
    歌詞にレイ・チャールズが登場している。
  8. YELLOW NEW YORKER(3'40)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    白人至上主義人種差別への怒りをぶつけ、黄色人種としてのアイデンティティーを歌った曲。
  9. MICO(3'48)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    歌手の弘田三枝子をテーマとした楽曲[12]。タイトルは弘田の愛称である[13]
  10. サラ・ジェーン(4'01)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    少女が日常に退屈して家出をする内容が歌詞には綴られている[14]ロサンゼルスヨーロッパのテイスト溢れるソウルフルなバラード作品[14]
  11. 南たいへいよ音頭(2'25)
    (作詞・作曲:関口和之/編曲:サザンオールスターズ)
    関口和之のボーカル曲。
    タイトルに「音頭」とあるが、音頭ではなく、南国風の楽曲となっている。
    関口のソロアルバム『World Hits!? of Southern All Stars』でこの曲がセルフカバーされた。
  12. ALLSTARS' JUNGO (Instrumental)(0'43)
    (作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    シングル「EMANON」のカップリング曲「ALL STARS JUNGO」のインストゥルメンタル。間奏部分のみ収録されている。
  13. EMANON(3'44)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/弦管編曲:八木正生
    本作と同時発売の18枚目シングル。
  14. 旅姿六人衆(4'28)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    曲に入る前に桑田の「ごめん、俺が悪かった」というセリフが収録されている。
    歌詞はバンドを支えるスタッフとファンに感謝を捧げたものである[15]

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 『サザンオールスターズ 公式データブック 1978-2019』(2019年)リットーミュージック出版 p115
  2. ^ 『サザンオールスターズ 公式データブック 1978-2019』(2019年)リットーミュージック出版 p35
  3. ^ サザン、全266曲を世界111ヶ国で配信 オリコン 2014年12月17日配信, 2020年6月4日閲覧
  4. ^ サザン関連全972曲 サブスク一斉解禁 メンバーソロ曲も対象に オリコン 2019年12月20日配信, 2019年12月20日閲覧
  5. ^ 『サザンオールスターズ 公式データブック 1978-2019』(2019年)リットーミュージック出版 p112-115
  6. ^ a b 『サザンオールスターズ 公式データブック 1978-2019』(2019年)リットーミュージック出版 p146
  7. ^ 『サザンオールスターズ 公式データブック 1978-2019』(2019年)リットーミュージック出版 p11
  8. ^ 第25回日本レコード大賞 日本作曲家協会 2020年10月10日閲覧
  9. ^ デジタル化の波を持ち前の個性で乗りこなした『綺麗』という意欲作WHAT's IN? Tokyo 2019年11月23日配信 2020年10月16日閲覧
  10. ^ 『ただの歌詩じゃねえかこんなもん』P219、新潮社、1984年
  11. ^ 映画が公開された1983年に使用。
  12. ^ 歌手の弘田三枝子さん、心不全で死去 73歳… 桑田佳祐など多くのミュージシャンに影響 スポーツ報知 2020年7月27日配信, 2020年7月27日閲覧
  13. ^ 湯浅学. “チーム・クンビアって? 弘田三枝子(MICO)”. 日本コロムビア. 2020年7月27日閲覧。
  14. ^ a b 【楽曲すべてが泣ける】サザンオールスターズの珠玉のバラード20選AWA 2019年12月27日配信 2020年10月21日閲覧
  15. ^ サザンオールスターズの40周年ツアーは“これから”を見せていた Real Sound 2019年7月12日配信, 2020年7月27日閲覧
  • 綺麗 - SOUTHERN ALL STARS OFFICIAL SITE