綾波 (初代神風型駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
艦歴
発注: 1906年度
起工: 1908年5月15日
進水: 1909年3月20日
就役: 1909年6月26日
除籍: 1930年6月1日雑役船編入
その後: 1933年4月19日廃船
性能諸元
排水量: 常備:381t
満載:450t
全長: 69.2m
全幅: 6.6m
吃水: 1.8m
機関: レシプロエンジン2基2軸、6,000馬力
最大速: 29.0ノット
兵員: 70名
兵装: 80mm(40口径)単装砲 2門
80mm(28口径)単装砲 4門
450mm魚雷発射管 2門

綾波(あやなみ)は、大日本帝国海軍駆逐艦神風型駆逐艦(初代)の32番(最終)艦である。艦名は重なりあって寄せる波から由来する。

「綾波」の名を受け継いだ日本の艦艇としては吹雪型駆逐艦綾波」、あやなみ型護衛艦DD-103 あやなみ」がある。

艦歴[編集]

舞鶴海軍工廠1908年(明治41年)5月15日に起工され、翌年6月26日竣工した。1924年(大正13年)に掃海艇(第9号掃海艇)に変更され、1930年(昭和5年)には雑役船(交通船兼曳船・公称第757号)となっている。1933年(昭和8年)4月19日に廃船。

艦長等[編集]

※『官報』に基づく。階級は就任時のもの。

駆逐艦長
  • 松下惣吉 大尉:1909年6月1日 - 10月11日 *兼舞鶴海軍工廠艤装員(-1909年7月9日)
  • 大谷喜雄 大尉:1909年10月11日 - 1911年5月23日
  • 藤田三他人 大尉:1911年5月23日 - 1912年12月1日
  • 柴田七郎 大尉:1912年12月1日 - 1913年5月24日
  • 横尾敬義 大尉:1913年5月24日 - 1913年12月1日
  • 吉田良鋭 少佐:1913年12月1日 - 不詳
  • 白戸光久 少佐:不詳 - 1916年9月12日
  • 吉田健介 大尉:1916年9月12日 - 1917年12月1日[1]
  • 彭城昌国 大尉:1917年12月1日[1] - 1919年12月24日[2]
  • 山本弥七 大尉:1919年12月24日[2] - 1921年1月10日[3]
  • 堀江吉正 大尉:1921年1月10日[3] - 11月20日[4]
  • 池田七郎 大尉:1921年11月20日[4] - 1923年2月15日[5]
  • 中原達平 大尉:1923年2月15日[5] - 1923年10月20日[6]
掃海艇長
  • 門前鼎 大尉:1924年12月1日 - 1926年12月1日
  • 有田貢 大尉:1926年12月1日[7] - 1928年11月1日[8]
  • 岡崎文勳 大尉:1928年11月1日[8] - 1929年11月30日[9]
  • (兼)萱場松次郎 少佐:1929年11月30日[9] - 1930年1月20日[10]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『官報』第1601号、大正6年12月3日。
  2. ^ a b 『官報』第2219号、大正8年12月25日。
  3. ^ a b 『官報』第2530号、大正10年1月11日。
  4. ^ a b 『官報』第2793号、大正10年11月22日。
  5. ^ a b 『官報』第3162号、大正12年2月16日。
  6. ^ 『官報』第3350号、大正12年10月22日。
  7. ^ 『官報』第4283号、大正15年12月2日。
  8. ^ a b 『官報』第558号、昭和3年11月2日。
  9. ^ a b 『官報』第878号、昭和4年12月2日。
  10. ^ 『官報』第916号、昭和5年1月21日。

参考文献[編集]

関連項目[編集]