綾瀬あきな

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

綾瀬 あきな(あやせ あきな、11月16日 - )は、宝塚歌劇団宙組に所属する娘役。

東京都武蔵野市出身[1]都立小金井北高校出身[1]。身長158cm[1]。愛称は「エビ」[1]

略歴[編集]

主な舞台[編集]

  • 2006年7月、『宝塚巴里祭2006』
  • 2007年3月、『ハロー!ダンシング』(バウ)
  • 2007年4月、轟悠コンサート『LAVENDER MONOLOGUE』(バウ)
  • 2009年2月、『逆転裁判 -蘇る真実-』(バウ・東京特別)サラ・シェリー
  • 2009年8月、『大江山花伝』少年時代の茨木童子/『Apasionado(アパショナード)!! II』
  • 2010年3月、『Je Chante(ジュ シャント)』(バウ)ダンサー(女)
  • 2010年5月、『TRAFALGAR -ネルソン、その愛と奇跡-』マリーア・ヘンリエッタ、新人公演:ジゼラ(本役:藤咲えり)/『ファンキー・サンシャイン』
  • 2010年9月、蘭寿とむコンサート『“R”ising!!』(バウ・東京特別)
  • 2010年11月、『誰がために鐘は鳴る』新人公演:マチルダ(本役:大海亜呼
  • 2011年10月、『クラシコ・イタリアーノ』新人公演:ファビオ・ボナーニ(本役:愛月ひかる)/『NICE GUY!!』
  • 2012年1月、『ロバート・キャパ 魂の記録』(バウ・東京特別)カフェの女給
  • 2012年4月、『華やかなりし日々』メアリー・ロジャース/『クライマックス -Cry‐Max-』
  • 2012年8月、『銀河英雄伝説@TAKARAZUKA』エリザベート
  • 2013年7月、『うたかたの恋』ハンナ/『Amour de 99!!-99年の愛-』(全国ツアー)
  • 2013年9月、『風と共に去りぬ』プリシー
  • 2014年2月、『ロバート・キャパ 魂の記録』カフェの女給/『シトラスの風Ⅱ』(中日劇場) 
  • 2014年5月、『ベルサイユのばら -オスカル編-』 スザンヌ
  • 2014年8月、『ベルサイユのばら -フェルゼンとマリーアントワネット編-』(全国ツアー)ソフィア
  • 2014年11月、『白夜の誓い -グスタフIII世、誇り高き王の戦い-』マーヤ/『PHOENIX 宝塚!! -蘇る愛-』
  • 2015年4月、『New Wave! -宙-』
  • 2015年6月、『王家に捧ぐ歌』タラータ
  • 2015年10月、『メランコリック・ジゴロ -あぶない相続人-』レジーナ/『シトラスの風Ⅲ』(全国ツアー)
  • 2016年1月、『Shakespeare 〜空に満つるは、尽きせぬ言の葉〜』女官/『HOT EYES!!』
  • 2016年5月、『王家に捧ぐ歌』ワーヘド(博多座)
  • 2016年7月、『エリザベート -愛と死の輪舞-』家庭教師
  • 2016年11月、『双頭の鷲』パパラッチ女A(バウ・東京特別)
  • 2017年2月~4月、『王妃の館-Château de la Reine-/VIVA! FESTA!』
  • 2017年6月、『A Motion(エース モーション)』(梅田芸術劇場・文京シビックホール
  • 2017年8月~11月、『神々の土地〜ロマノフたちの黄昏〜』ヤナ/『クラシカル ビジュー』
  • 2018年1月、『WEST SIDE STORY』(東京国際フォーラム)ヴェルマ
  • 2018年3月-6月、『天は赤い河のほとり』妃/『シトラスの風-Sunrise-』
  • 2018年10月-12月『白鷺の城』/『異人たちのルネサンス-ダ・ヴィンチが描いた記憶-』ベリーダンサー
  • 2019年2月『黒い瞳』アクリーナ/『VIVA!FESTA!in HAKATA』(博多座)
  • 2019年4月-7月『オーシャンズ11

 ・公式プロフィール

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『宝塚おとめ 2013年度版』阪急コミュニケーションズ、2013年、132頁。ISBN 978-4-484-13506-9。
  2. ^ スカイ・ナビゲーターズ 第2期生”. TAKARAZUKA SKY STAGE. 2013年5月29日閲覧。