緊急着陸用パラシュート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
パラシュートが開く様子

緊急着陸用パラシュート(Cirrus Airframe Parachute System, CAPS)とはシーラス・エアクラフトSR20SR22SR22TVision SF50に標準装備されている安全機能である。

概要[編集]

機体が操縦不能になったり、エンジンが故障して滑走路外への不時着が避けられなくなった場合、キャビン天井にあるハンドルを引くと機体背面からパラシュートを射出し、機体の落下速度を緩やかにして軟着陸させることが可能である。

機体が安定した状態で不時着した場合、接地時には3mの高さから機体を落下させた場合と同程度の衝撃がかかる。

接地時に発生する下向きの荷重を吸収し、搭乗者を脊髄の負傷から守るため、シートのクッションにはアルミニウム製のハニカム・コアが組み込まれている。また、ボディには強化フレームを採用し、前席のシートベルトにはエアバッグを内蔵している。

こうした総合的な安全機能により、適切にCAPSを作動させれば、高確率で、航空事故からほとんど無傷の状態で生還できるとされている。

シーラス社によれば、2017年1月現在、このシステムによって146人の命が救われたという。[1]

対地2000ft以上での使用が推奨されている一方で、対地500ftAGL以下の低高度でCAPSを使用しても有効に作用して人命を救った例が多数ある。飛行規程で定める高度・速度内で作動させた場合の死者数はゼロと報告されている。[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b 安全機能”. 2017年2月24日閲覧。

搭載機[編集]

関連項目[編集]