緊急計画及び地域の知る権利に関する法律

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
緊急計画及び地域の知る権利に関する法律
Emergency Planning and Community Right-to-Know Act
アメリカ合衆国の国章
正式題名 Emergency Planning and Community Right-to-Know Act
頭字語(口語) EPCRA
制定議会 アメリカ合衆国第99回議会英語版
施行日 1986年10月17日
引用
一般法律 99-499
Stat. 100 Stat. 1728
改廃対象
改正し
た法律
CERCLA
改正した
USCの編
42
創設した
USCの条
11004-11049
立法経緯
  • Rep. James R. Jones (D-OK)議員が1985年4月4日にH.R.2005としてHouse of Representativesに提出。
  • 1985年5月14日にHouse of Representatives通過。(413-0)
  • 1985年9月26日に上院通過。(86-13)
  • 1986年10月3日に合同協議委員会により報告。 1986年10月3日に上院にて(88-8) 1986年10月8日にHouse of Representativesにて承認。(386-27)
  • 1986年10月17日にロナルド・レーガン大統領が法案に署名。

緊急計画及び地域の知る権利に関する法律(きんきゅうけいかくおよびちいきのしるけんりにかんするほうりつ、Emergency Planning and Community Right-to-Know Act of 1986, EPCRA)は、アメリカ合衆国第99回議会で通過したアメリカ法の一つ。

1986年10月17日ロナルド・レーガン大統領がスーパーファンド改正・再承認法(SARA)に署名した。この法はスーパーファンド法としてよく知られる包括的環境対処・補償・責任法(CERCLA)を修正するものである。

独立法として、この法律はSARA Title IIIとしても知られ、有害化合物の処理および浄化に関する部分を拡大し、緊急計画及び地域社会知る権利に関する規定をまとめている。

関連項目[編集]