総則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

総則(そうそく)とは、全体に通用する一般的・包括的な規定のこと。法典全体に共通して通用する事項は、総則として法典の冒頭部分に置かれる。また、各編・章・款の全体に通用する事項に関しても、それぞれの冒頭に総則として規定される。 総則に続いて、個別の事項を定めた規定を各則という。

通則との違い

総則より狭い範囲で、さらに一般的・包括的な事項を定める場合、標題として「総則」ではなく「通則」が使われることがあるが、語義自体は「総則」も「通則」もほぼ同じである。 ただし、「総則」は、専ら法令中で使われる語であるのに対し、「通則」は法令の標題として使われることがある。

関連項目


過去1時間の間にもっとも読まれた記事
粗度係数 山村武彦 長谷部誠 小沢仁志 ハメス・ロドリゲス 樹木希林 柴崎岳 2018 FIFAワールドカップ 香川真司 堤礼実 安永亜衣 土家里織 大杉漣 畑正憲 増田有華 岩田華怜 ISSA 大迫勇也 飛鳥凛 三輪麻未
「総則」のQ&A
1  商法総則商行為の範囲の改正は?
2  新しい学習指導要領の総則を読んでの感想を教え…
3  債権総則
モバイル版goo wikipedia提供中!
↓↓↓下記QRコードからアクセス↓↓↓
モバイル版goo wikipedia QRコード
Wikipedia記事検索について