総則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

総則(そうそく)とは、全体に通用する一般的・包括的な規定のこと。法典全体に共通して通用する事項は、総則として法典の冒頭部分に置かれる。また、各編・章・款の全体に通用する事項に関しても、それぞれの冒頭に総則として規定される。 総則に続いて、個別の事項を定めた規定を各則という。

通則との違い

総則より狭い範囲で、さらに一般的・包括的な事項を定める場合、標題として「総則」ではなく「通則」が使われることがあるが、語義自体は「総則」も「通則」もほぼ同じである。 ただし、「総則」は、専ら法令中で使われる語であるのに対し、「通則」は法令の標題として使われることがある。

関連項目


過去1時間の間にもっとも読まれた記事
加藤一二三 損害賠償 FNS歌謡祭 オコエ瑠偉 小豆島 古坂大魔王 春日俊彰 藤田紀子 松居一代 中村玉緒 勝新太郎 藤吉久美子 船越英一郎 深田恭子 長澤まさみ 河原崎権十郎 (4代目) 安倍なつみ 太川陽介 美濃加茂市 鈴木杏樹
「総則」のQ&A
1  商法総則商行為の範囲の改正は?
2  債権総則
3  新しい学習指導要領の総則を読んでの感想を教え…
モバイル版goo wikipedia提供中!
↓↓↓下記QRコードからアクセス↓↓↓
モバイル版goo wikipedia QRコード
Wikipedia記事検索について