総神大入口(梨水)駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
路線ごとの駅名標

総神大入口(梨水)駅(チョンシンデイック(イス)えき)は大韓民国ソウル特別市銅雀区舎堂洞にある、ソウル交通公社。4号線は総神大入口駅(チョンシンデイックえき)、7号線は梨水駅(イスえき)と駅名が異なっており、統合名は総神大入口(梨水)駅とされている。また、4号線には梨水という副駅名がある。

利用可能な鉄道路線[編集]

ソウル交通公社
4 4号線 - 総神大入口駅・駅番号は(432)
7 7号線 - 梨水駅・駅番号は(736)

駅構造[編集]

総神大入口駅[編集]

総神大入口駅
Line 4 Isu station PSD sign.jpg
총신대입구
チョンシンデイック
Chongshin Univ.
(梨水 - Isu)
431 銅雀 (1.8km)
(1.1km) 舎堂 433
所在地 大韓民国の旗ソウル特別市銅雀区銅雀大路地下 117(舎堂洞 736-1)
位置座標
駅番号 432
所属事業者 ソウル交通公社 
所属路線 4号線 
キロ程 28.4km(タンゴゲ起点)
電報略号 AFCコード:0432
駅構造 地下駅 
ホーム 2面2線 
開業年月日 1985年10月18日
総神大入口駅
各種表記
ハングル 총신대입구역
漢字 總神大入口驛
平仮名
(日本語読み仮名)
そうしんだいいりぐちえき
片仮名
(現地語読み仮名)
チョンシンデイプクヨク
英語 Chongshin Univ. Station
テンプレートを表示

4号線ホームは地下2階にある。相対式ホーム2面2線を有する地下駅。7号線への乗り換えはホーム舎堂寄りにある階段を下って乗換通路を利用する事ができるが、長岩方面ホームへは一度7号線の改札階に上がる必要がある。

改札階は地下1階にあり、改札口は銅雀側と舎堂側の2ヶ所ある。舎堂側の改札口は上下ホーム別々に設置されている。化粧室は銅雀側の改札内に1ヶ所、出入口は1・2・13・14番の4ヶ所ある。

のりば[編集]

  • のりばの番号は存在しない。
上り 4 4号線 ソウル駅東大門タンゴゲ方面
下り 4 4号線 果川衿井烏耳島方面
4号線ホーム(2007年撮影)


梨水駅[編集]

梨水駅
이수
イス
Isu
735 内方 (1.0km)
(1.0km) 南城 737
所在地 大韓民国の旗ソウル特別市銅雀区舎堂路地下 310(舎堂洞 144-4)
位置座標
駅番号 736
所属事業者 ソウル交通公社(SMRT)
所属路線 7号線 
キロ程 30.0km(長岩起点)
駅構造 地下駅 
ホーム 2面2線 
開業年月日 2000年8月1日 
梨水駅
各種表記
ハングル 이수역
漢字 梨水驛
平仮名
(日本語読み仮名)
りすいえき
片仮名
(現地語読み仮名)
イスヨク
英語 Isu Station
テンプレートを表示

7号線ホームは地下4階にある。相対式ホーム2面2線を有する地下駅で、フルスクリーンタイプのホームドアが設置されている。4号線への乗り換えは温水方面ホームからは内方寄りにある連絡通路を利用することができる。長岩方面ホームからは一度改札階に上がる必要がある。

改札階は地下3階で、改札口は内方側と南城側の2ヶ所ある。出入口は3 - 8番、10 - 12番の合計9ヶ所ある。

のりば[編集]

  • のりばの番号は存在しない。
上り 7 7号線 高速ターミナル君子長岩方面
下り 7 7号線 大林加山デジタル団地温水方面


駅周辺[編集]

  • 京門高等学校
  • 冠岳市場
  • クサンタワー
  • 南四初等学校
  • 南城市場
  • 南城初等学校
  • 銅雀洞事務所
  • 銅雀初等学校
  • 方背4洞住民センター
  • ソウル方背警察署
  • 方背総合市場
  • 方背初等学校
  • 舎堂1洞住民センター
  • 舎堂洞郵便局
  • 舎堂市場
  • 舎堂郵便局
  • サミル公園
  • 瑞門女子高等学校
  • 瑞門女子中学校
  • シンドンシン中・情報産業高等学校
  • 梨水中学校
  • 太平百貨店
  • イーマート 梨水店

バス路線[編集]

ソウル特別市所属 市内バス路線
銅雀大路 350 - 502 - 643 - 540 - 752 - 4212 - 4318 - 5524 - 8541
梨水駅 2,3,6,7,12,13番出口
マウルバス 瑞草05, 瑞草06, 瑞草13, 瑞草14, 瑞草16, 銅雀07, 銅雀17
京畿道所属路線 11-1 - 11-2 - 11-5 - 7007-1
京畿道市外直行路線 9901

歴史[編集]

  • 1985年9月23日 - 梨水から総神大入口へ改称。(開業前の改称)
  • 1985年10月18日 - 4号線の駅が開業。
  • 1991年 - 駅名を総神大入口から総神大入口(梨水)へ改称。
  • 2000年8月1日 - 7号線の駅が開業、乗換駅となる。駅名を総神大入口(梨水)から梨水へ改称。
  • 2001年2月1日 - 4号線は総神大入口(梨水)、7号線は梨水、統合名は総神大入口(梨水)に制定。

利用状況[編集]

近年の一日平均利用人員推移は下記のとおり。

路線 2000年 2001年 2002年 2003年 2004年 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 出典
4 4号線 乗車人員 27,759 25,303 24,892 24,092 24,743 25,094 25,381 25,180 25,085 24,994 [1]
降車人員 28,414 26,401 26,490 25,994 26,657 27,486 28,060 28,048 28,038 28,142
乗降人員 56,173 51,704 51,382 50,086 51,400 52,580 53,441 53,228 53,123 53,135
7 7号線 乗車人員 9,791 12,374 13,520 13,683 14,008 14,447 14,777 15,068 15,302 15,151 [2]
降車人員 9,313 11,344 12,343 12,507 12,855 13,495 13,938 14,151 14,531 14,542
乗降人員 19,104 23,718 25,863 26,189 26,863 27,942 28,716 29,219 29,833 29,693
路線 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
4 4号線 乗車人員 23,945 23,863 23,680 23,419 23,211 23,189
降車人員 27,191 26,997 26,353 26,118 25,813 25,690
乗降人員 51,136 50,860 50,033 49,537 49,024 48,879
7 7号線 乗車人員 15,239 16,061 16,516 17,173 17,894 17,416
降車人員 14,422 15,328 16,074 16,770 17,538 17,272
乗降人員 29,661 31,388 32,589 33,943 35,432 34,688

名称問題[編集]

4号線は沿線に大学が多く、全通した1985年は首都圏各地の大学が自学名を駅名にする要望が多かった時期にあたる(現在でもこの要望は多いが、使用契約を締結のうえ、副駅名として採用される場合が多い)。当時は軍事政権下の第五共和国期でもあり、政府側としても反政府勢力の温床だった大学に運動を鎮めさせるため、駅に大学の名前をつけて沈静化を図ることが多かった。

当駅もその一つで、計画時の仮称は「梨水」だったものの、1.6kmほど離れている総神大学校(当時は総会神学大学)が費用を負担することで、「総神大入口」として開業することになり、開通から8年の間、なんの問題もなく使われてきた(1991年に「梨水」を副駅名として追加)。

しかし、1993年7号線が計画され、大学からわずか450mの距離に新駅(南城駅)の設置が確定された。そこで混乱の恐れがあるということが申し立てられ、1997年、ソウル市は「総神大入口(梨水)」を「梨水」に改称し、代わりに新駅を「南城(総神大入口)」にするように決定した。

その決定に不満を持つしかない総神大側では2000年の7号線開通時までだけでも4号線側の駅名の維持を要請し、施行機関である地下鉄公社(現:ソウル交通公社)は2000年7月31日まで「総神大入口」を維持し、2000年8月1日、7号線建大入口 - 新豊間開通と合わせて「梨水」へ変更した。

これを受け、総神大側はソウル地方法院に「15年間持続的に使われてきた駅名を一瞬に変えた」との理由でソウル市とソウル地下鉄公社を被告にする民事訴訟を提起したが、原告敗訴判決に終わり、ここで「梨水問題」は一区切りされるようだった。しかし、ソウル市地下鉄建設本部(ソウル市当局の組織構造上、建設本部は地下鉄運営機関より上位)が地名委員会に「梨水」駅に対して駅名の「総神大入口(梨水)」へ再変更を申し立て、地名委員会はこの要求を可決した。決められた事項は4号線は「総神大入口(梨水)」、7号線は「梨水」、そして統合名は「総神大入口(梨水)」で、乗換駅にもかかわらず路線により駅名が異なる稀なケースとなった(同時に南城駅の副駅名は削除されている)。

当時には大学の主張を支持する人々と、梨水に戻すべきと主張する人々の間に激しい論争が繰り返していたが、現在はそのまま定着し、「梨水」と「総神大入口」の両方で呼ばわれている。しかし、総神大学に行くには隣の南城駅が近いため、「総神大入口」は7号線開通以後の視点では明らかな「詐欺駅名」といえる。[3]

隣の駅[編集]

ソウル交通公社
4 4号線
銅雀駅 (431) - 総神大入口駅 (432) - 舎堂駅 (433)
7 7号線
内方駅 (735) - 梨水駅 (736) - 南城駅 (737)

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 서울메트로 > 공사소개 > 운행현황 > 수송통계 자료실
  2. ^ 서울도시철도공사 > 알림정보 > 자료실
  3. ^ "역 이름이 왜이래?" 지하철 4호선 미스테리

関連項目[編集]