総谷トンネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
旧総谷トンネル大阪側入り口

総谷トンネル(そうだにトンネル)は、三重県一志郡白山町(現・三重県津市)の近鉄大阪線 東青山駅 - 榊原温泉口駅間にあったトンネルである。

概要[編集]

近鉄大阪線の阿保駅(現・青山町駅) - 佐田駅(現・榊原温泉口駅)間が開業した1930年昭和5年)12月20日から使用開始された。当初は単線で開業したが、1970年代初頭になると、列車本数増加に対応すべく大阪線の全線複線化の計画が浮上。その矢先、1971年(昭和46年)10月25日に総谷トンネル内で上本町(現・大阪上本町)発近鉄名古屋行の特急と、賢島近鉄難波(現・大阪難波)・京都行特急が正面衝突し、死者25人・重軽傷者227人の大惨事となった(近鉄大阪線列車衝突事故を参照)。

この為、大阪線の全線複線化計画を予定より前倒しして実施、1975年(昭和50年)11月22日に大阪線の全線複線化と同時に新青山トンネル・新総谷トンネル経由西青山駅 - 東青山駅 - 榊原温泉口駅間の新線が開業、青山トンネル・総谷トンネルを含む旧線区間は全線廃止された。

現在は東青山駅から徒歩10分ほどの場所に大阪側入り口が残っている。

周辺の駅[編集]

東青山駅 - (垣内西信号所) - (垣内東信号所) - (総谷トンネル) - 榊原温泉口駅

関連項目[編集]