緑の山河

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

緑の山河』(みどりのさんが)は、日本教職員組合(日教組)が1951年1月に『君が代』に代わる「新国歌」として公募・選定した国民歌

2000点の応募の中から東京都中央区の中央区立京華小学校(現:中央区立中央小学校)教諭・原泰子の詞が選ばれた。作曲も公募され、700点の中から小杉誠治のものが選ばれ、コロムビア・レコードでレコード化した。また、行進曲として振り付けも考案され、一部の学校で歌い踊られることもあった。

戦後の焦土から立ち上がり、国民みんなで力を合わせて新しい民主国家を築く、という内容であったが、当時同じように作られた『われら愛す』同様、世論には受け入れられなかった。日教組では今でも定期大会の冒頭などにこの歌をうたっている。

作者[編集]

  • 作詞:原泰子
  • 作曲:小杉誠治

参考文献[編集]