緑地公園駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
緑地公園駅
Ryokuchi-Koen Station East-Exit.jpg
東口
りょくち こうえん
RYOKUCHI-KŌEN
M09 桃山台 (2.0km)
(1.9km) 江坂 M11
所在地 大阪府豊中市東寺内町18-1
駅番号  M10 
所属事業者 北大阪急行電鉄
所属路線 南北線
キロ程 1.9km(江坂起点)
駅構造 地上駅掘割構造
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
17,572人/日(降車客含まず)
-2018年-
乗降人員
-統計年度-
34,739人/日
-2018年-
開業年月日 1975年昭和50年)3月30日
テンプレートを表示

緑地公園駅(りょくちこうえんえき)は、大阪府豊中市東寺内町にある北大阪急行電鉄南北線駅番号M10

北大阪急行電鉄が開業した当時から準備工事がなされており、駅構造物は完成していたが、実際に開業したのは1975年3月30日となった。この経緯は歴史の項を参照。

また、この駅では平日の10時01分から16時33分まで、大阪市内方面行きの電車と千里中央方面行きの電車が同時に発車する[1][2][3]

歴史[編集]

大阪府のニュータウン建設計画により、ニュータウン内に一駅(桃山台駅)および寺内地区に一駅(当駅)の駅設置が決定された。南北線建設の際、大阪府は駅設置のための道路用地の拡幅が不可能であるとして、当駅を地下駅とすることを提案したが、建設費が高額となるため、現在の半地下構造が採用された。当駅は南北線開通時点では開業せず、周辺の区画整理の進捗状況に合わせて建設時期を決定することとなった[4]

年表[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅。駅前後では新御堂筋の北行き・南行きの道路が線路を挟む形態であり、駅の部分は掘割状で、ホームの真上は新御堂筋の北行き・南行きの車線となっている。改札口は南口と西口の2か所がある。南口は、各ホームを連絡する地下道部分にあり、新御堂筋の道路面からは2階層下になる。エレベーターは各ホームから地下道に直結する形で一基ずつ、エスカレーターは同様に一基ずつで昇り専用のみ。西口は2番ホーム側に設けられており、駅西側の駅ビルに直結している。西口は開設時間(午前7時から午後11時まで)が限定されている。各ホームに待合室が二つずつ設置されている[6]

「緑地」を意識したためか、駅の壁は薄緑色に塗装されている。

のりば[編集]

緑地公園駅プラットホーム
番線 路線 行先
1 北大阪急行電鉄 南北線 新大阪梅田なんば天王寺なかもず方面
2 千里中央方面

利用状況[編集]

2018年(平成30年)度の特定日における1日の乗降人員34,739人(乗車人員:17,572人、降車人員:17,167人)である[利用客数 1]

近年の特定日における1日乗降・乗車人員は下表の通りである。

年度別1日乗降・乗車人員[統計 1][統計 2]
年度 特定日 出典
調査日 乗降人員 乗車人員
1990年(平成02年) 34,688 18,053 [* 1]
1991年(平成03年) - [* 2]
1992年(平成04年) 38,188 19,622 [* 3]
1993年(平成05年) 37,623 19,184 [* 4]
1994年(平成06年) 35,178 18,073 [* 5]
1995年(平成07年) 32,804 16,887 [* 6]
1996年(平成08年) 37,080 19,144 [* 7]
1997年(平成09年) 11月11日 37,080 19,144 [* 8]
1998年(平成10年) 11月10日 28,981 14,156 [* 9]
1999年(平成11年) 11月09日 33,943 17,364 [* 10]
2000年(平成12年) 11月07日 34,543 17,731 [* 11]
2001年(平成13年) 11月13日 33,171 17,024 [* 12]
2002年(平成14年) 11月12日 33,340 17,056 [* 13]
2003年(平成15年) 11月11日 33,224 17,197 [* 14]
2004年(平成16年) 11月09日 34,166 17,451 [* 15]
2005年(平成17年) 11月08日 33,337 17,229 [* 16]
2006年(平成18年) 11月07日 34,003 17,470 [* 17]
2007年(平成19年) 11月13日 33,436 17,146 [* 18]
2008年(平成20年) 11月11日 34,150 17,516 [* 19]
2009年(平成21年) 11月10日 33,112 16,949 [* 20]
2010年(平成22年) 11月09日 31,847 16,278 [* 21]
2011年(平成23年) 11月08日 32,333 16,478 [* 22]
2012年(平成24年) 11月13日 31,878 16,502 [* 23]
2013年(平成25年) 11月12日 32,849 16,732 [* 24]
2014年(平成26年) 11月11日 32,574 16,615 [* 25]
2015年(平成27年) 11月10日 32,885 17,027 [* 26]
2016年(平成28年) 11月08日 33,443 16,980 [* 27]
2017年(平成29年) 11月14日 33,626 17,103 [* 28]
2018年(平成30年) 11月13日 34,739 17,572 [* 29]

駅周辺[編集]

緑地駅ビル

バス路線[編集]

阪急バス

※ 64系統は平日のみ、91系統は土曜・休日のみ運行でいずれも本数は少なく、北大阪急行の駅で乗り入れるバスの系統数や本数が最も少ない。

隣の駅[編集]

北大阪急行電鉄
北大阪急行電鉄 南北線
桃山台駅 (M09) - 緑地公園駅 (M10) - 江坂駅 (M11)
  • ( ) 内は駅番号を示す。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

記事本文[編集]

出典[編集]

  1. ^ 米屋こうじ『あなたの知らない大阪「駅」の謎』洋泉社、2016年、98-99頁。ISBN 978-4-8003-0924-2。
  2. ^ 千里中央ゆき 平日時刻表|緑地公園駅|路線図・各駅情報|北大阪急行電鉄株式会社”. www.kita-kyu.co.jp. 2018年12月30日閲覧。
  3. ^ 大阪市内ゆき 平日時刻表|緑地公園駅|路線図・各駅情報|北大阪急行電鉄株式会社”. www.kita-kyu.co.jp. 2018年12月30日閲覧。
  4. ^ 『北大阪急行25年史』北大阪急行電鉄株式会社、1994年、41p
  5. ^ “〜さらに、安全、安心にご利用いただくため〜 緑地公園駅・桃山台駅で「可動式ホーム柵」を使用開始します” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北大阪急行電鉄, (2018年2月16日), オリジナルの2018年9月2日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20180902084357/http://www.kita-kyu.co.jp/upload/084.pdf 2020年3月30日閲覧。 
  6. ^ 緑地公園駅構内図 (PDF)

利用状況[編集]

私鉄の1日平均利用客数
私鉄の統計データ
  1. ^ 大阪府統計年鑑 - 大阪府
  2. ^ 豊中市統計書 - 豊中市
大阪府統計年鑑