緒方凌介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
緒方 凌介
Ogataryosuke 150829.JPG
阪神選手時代
(2015年8月29日、阪神鳴尾浜球場にて)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府大阪市住吉区
生年月日 (1990-08-25) 1990年8月25日(28歳)
身長
体重
176 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2012年 ドラフト6位
初出場 2013年5月3日
最終出場 2016年8月4日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

緒方 凌介(おがた りょうすけ、1990年8月25日 - )は、大阪府大阪市住吉区出身の元プロ野球選手外野手)。右投左打。

2013年から2018年まで、NPB阪神タイガースでプレー。2019年シーズンから、同球団の広報を務める。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

東洋大学時代
(2012年5月24日、明治神宮野球場にて)

小学生時代に住吉少年軟式野球連盟へ加盟する大領ストロンガーズ、中学生時代に硬式野球の住吉ボーイズへ所属。PL学園高校への進学後は、1年秋からのベンチ入りを経て、2年時の夏から中堅手のレギュラーとして対外試合に出場した。2年時の秋には、近畿地方の秋季大会に出場したが初戦で敗退。第90回全国高等学校野球選手権記念大会の予選を兼ねて特別に開かれた3年夏の選手権南大阪大会では、決勝戦で近畿大学付属高校と延長戦を展開した末にサヨナラ負けを喫したため、在学中には春夏ともに阪神甲子園球場での全国大会へ出場できなかった。ちなみに1年時には、2年先輩に当たる前田健太のチームメイトになっていた。

東洋大学では、1年時の春から東都大学野球のリーグ戦へ出場。チームが春季リーグ戦で優勝したことから、第58回全日本大学野球選手権大会への進出も果たした[1]。2年時・3年時には、全日本大学野球選手権で2年連続の優勝を経験[1]。3年時には、大学日本代表候補に選ばれた[1]。在学中には、リーグ戦で通算71試合に出場。打率.200(175打数35安打)、3本塁打、18打点[1]という記録を残した。また、1年先輩に藤岡貴裕鈴木大地がいた。

大学4年時には主将を務めたが、春に右膝の前十字靭帯を傷めたため、7月に再建手術を受けた[2]。それでも、2012年のNPBドラフト会議で、阪神タイガースから6巡目で指名[1]。契約金3,000万円、年俸660万円(金額は推定)という条件で入団した。背番号は65。入団会見の際には、対戦したい投手として、当時広島東洋カープのエースとして活躍していた前田を挙げた[3]

プロ入り後[編集]

2013年には、大学4年生の時に受けた右膝手術の影響で、春季キャンプ前の新人合同自主トレーニングから別メニューで調整[4]。春季キャンプ以降も二軍で過ごしていたが、公式戦開幕後の4月30日に、入団後初めての一軍昇格を果たした[5]。5月3日の対東京ヤクルトスワローズ戦(甲子園)6回裏に、二塁打を放ったマット・マートン代走として一軍公式戦デビューを果たすと、次打者・伊藤隼太の左翼前安打で、一軍での初得点を記録した。しかし、以降は一軍公式戦1試合に代走へ起用されただけでシーズンを終えた。ウエスタン・リーグの公式戦でも、48試合出場で打率.215、5打点、6盗塁という成績にとどまったが、シーズン終了後の秋季キャンプでは、かつての左打者で、ゼネラルマネジャー付育成&打撃コーディネーターとして球団に復帰にしたばかりの掛布雅之から「オールラウンドで長打力もある『怖い1番』に育ちそう」と絶賛[6]。キャンプの終了後には、一軍監督の和田豊から、キャンプの最優秀選手に選ばれた[7]。さらに、キャンプ終了後に派遣された台湾ウィンターリーグでは、全21試合に出場。リーグ最多の11盗塁を記録した[8]

2014年には、春季キャンプで、主力選手が中心の「沖縄組」へ最初から参加。伊藤やPL学園高校の先輩に当たる福留孝介などと正右翼手の座を争った末に、開幕一軍入りを果たした。開幕直後の4月2日に出場選手登録をいったん抹消されたものの、5月11日に再登録。5月13日の対広島東洋カープ戦(どらドラパーク米子市民球場)では、「1番・右翼手」として一軍公式戦初のスタメンに起用されると、一軍公式戦での初安打(二塁打)と初盗塁を相次いで記録[9]セ・パ交流戦期間中の6月7日の対オリックス・バファローズ戦(甲子園)では、5回裏の第2打席で、一軍公式戦初打点を東明大貴からのソロ本塁打で記録した[10]。一軍公式戦には28試合の出場で打率.246、2本塁打、5打点、2盗塁を記録したが、中盤からに調子を落としたため二軍へ逆戻り。9月には、二軍での守備練習中に右膝を痛めたため、半月板のクリーニング手術を受けた[11]

2015年には、ウエスタン・リーグ公式戦97試合へ出場。打率.231、4本塁打、19打点、6盗塁を記録したが、入団後初めて一軍公式戦への出場機会がなかった。

2016年には、2年振りに開幕一軍入りを果たしたことを皮切りに、一軍公式戦21試合へ出場。7月には月間打率.286を記録するほど好調だったが、通算打率は.167で、本塁打・打点・盗塁を記録できなかった。

2017年には、ウエスタン・リーグの公式戦に、チームで2番目に多い105試合へ出場。打率.244、3本塁打、28打点、7盗塁を記録したが、リーグの最終規定打席には到達せず、一軍公式戦への出場機会もなかった。

2018年には、春季キャンプを二軍選手主体の「安芸組」で過ごした。しかし、キャンプ中の実戦6試合で打率.632(19打数12安打)を記録するほど打撃が好調だったことを背景に、オープン戦の途中から一軍へ昇格。昇格初日(3月3日)の対福岡ソフトバンクホークス戦(福岡ヤフオク!ドーム)9回表2死に代打で出場すると、チームのオープン戦第1号本塁打をデニス・サファテからのソロ本塁打で記録した[12]が、シーズン中は2年続けて二軍生活に終始した。ウエスタン・リーグ公式戦には、93試合の出場で打率.271、6本塁打、32打点をマーク。二軍の8年振りリーグ優勝を経て臨んだ巨人とのファーム日本選手権(10月6日にKIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で開催)では、「6番・指名打者」としてのスタメン起用で無安打に終わり[13]ながらも、チーム12年振りの選手権制覇を経験した。選手権の終了後も宮崎に滞在しながらフェニックス・リーグへ参加したが、10月15日の試合で二塁への盗塁を試みた際に、右膝の関節を捻挫。自力で立ち上がれなくなったため、グラウンド上から担架で病院に運ばれた。前述したように大学時代から右膝を何度も故障していたことから、この捻挫によって現役からの引退を決意[14]。同月30日に球団から戦力外通告を受けたことを機に、引退を表明した。

現役引退後[編集]

戦力外通告の際に転身を打診されていた阪神球団の職員として、広報部に配属[14]。配属直後の2018年12月に収録された5区間制の「平成最後の関西駅伝No.1決定戦」(同月31日に関西テレビの『コヤぶるッ!SPORTS 平成最後の大忘年会スペシャル』内で放送)では、現役選手以外の球団関係者からただ1人「阪神タイガースチーム」へ参加すると、背番号65のユニフォーム姿で2区を走った(チームの最終結果は4位)。

選手としての特徴[編集]

遠投で120メートルの強肩[2]と、50メートル走で5秒8の俊足の持ち主で、外野手としての守備範囲も広い[2]。打撃はコンパクトなスイングが持ち味で、思い切りの良さや勝負強さを備えていた。

東洋大学時代には、当時の高橋昭雄監督から4番打者に起用された[15]。その高橋からは、「(卒業後に阪神の主力選手として活躍したOBの)今岡誠桧山進次郎を超える逸材」と評価されていた[16]

人物[編集]

両親も阪神ファンで、子どもの頃には、阪神甲子園球場で阪神の試合を何度も観戦をした。当時憧れていた選手は新庄剛志だった[3]

大学時代の座右の銘は「一心不乱」[17]。父親が使っていた重さ1,300グラムのマスコットバットを小学5年生の時に譲り受けて以来、お守りがわりに持っている。阪神への入団後も、遠征の際などにこのバットを振っているという[9]。当時は、1年先輩の鈴木からさまざまな影響を受けたとのことで、インタビューでも鈴木への敬意を示していた[3]

阪神入団後の2016年に、2015年1月から交際していた同い年の一般女性と結婚。同年11月27日には、その旨に加えて、既に第一子を授かっていたことを発表した[18]

金本知憲が一軍監督として阪神へ復帰した2016年3月4日には、スタメンで出場していたソフトバンクとのオープン戦6回表に迎えた打席で、加治屋蓮から右膝に死球を受けた。打席で苦悶の表情を浮かべた緖方に、金本は「(死球が当たった個所は)骨か? (筋)肉か?」と質問。これに対して、緖方は「肉です! 大丈夫です!」と答えながら一塁へ出たため、「金本イズムが浸透していることを表すやり取り」として注目された[19]。奇しくも、緖方はその2年後に、当時と同じ福岡ヤフオク!ドームのソフトバンク戦で本塁打を放っている(前述)。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2013 阪神 2 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
2014 28 69 57 7 14 2 0 2 22 5 2 1 2 0 8 0 2 14 0 .246 .358 .386 .744
2016 21 25 24 2 4 1 0 0 5 0 0 0 1 0 0 0 0 6 1 .167 .167 .208 .375
NPB:3年 51 95 82 10 18 3 0 2 27 5 2 1 3 0 8 0 2 20 1 .220 .304 .329 .634

年度別守備成績[編集]


外野












2013 1 0 0 0 0 .---
2014 24 35 1 0 0 1.000
2016 12 10 0 0 0 1.000
通算 37 45 1 0 0 1.000

記録[編集]

背番号[編集]

  • 65 (2013年 - 2018年)

登場曲[編集]

  • 「Island Girl」- Conkarah (2016年)
  • 「Yell」- AAA (2017年 - 2018年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e ドラフト会議で硬式野球部の緒方凌介選手が指名”. 東洋大学 (2012年10月26日). 2013年2月23日閲覧。
  2. ^ a b c 緒方凌介”. スポーツニッポン. 2013年2月23日閲覧。
  3. ^ a b c 阪神6巡目指名 緒方凌介(東洋大学)「自信はある。ここがスタートライン」”. CS-Park (2012年10月30日). 2014年5月14日閲覧。
  4. ^ 阪神・緒方「寂しい」別メニュースタート”. サンケイスポーツ (2013年1月11日). 2013年5月3日閲覧。
  5. ^ 阪神・D6緒方、1軍初昇格「いい走塁したい」”. サンケイスポーツ (2013年5月1日). 2013年5月3日閲覧。
  6. ^ 阪神掛布DC絶賛1年目緒方「怖い1番」”. 日刊スポーツ (2013年11月19日). 2014年1月31日閲覧。
  7. ^ 虎秋季キャンプ MVPは緒方「走攻守3拍子」”. 日刊スポーツ (2013年11月21日). 2014年1月31日閲覧。
  8. ^ 【阪神】緒方、一二三らが台湾から帰国”. 日刊スポーツ (2013年12月23日). 2014年1月31日閲覧。
  9. ^ a b 阪神・緒方、プロ初スタメンでプロ初安打!初マルチ&盗塁も”. サンケイスポーツ (2014年5月14日). 2014年5月14日閲覧。
  10. ^ 阪神緒方プロ初本塁打「まさか行くとは」”. 日刊スポーツ (2014年6月6日). 2014年6月7日閲覧。
  11. ^ 阪神緒方が右膝半月板のクリーニング手術”. 日刊スポーツ (2014年9月17日). 2014年10月7日閲覧。
  12. ^ 阪神・緒方あるぞ開幕センター!サファテから一発「最高の結果出た」”. スポーツニッポン (2018年3月3日). 2018年3月5日閲覧。
  13. ^ 2018年10月6日(土) 宮崎【ファーム日本選手権】阪神タイガース vs 読売ジャイアンツ”. NPB日本野球機構 (2018年10月6日). 2018年12月31日閲覧。
  14. ^ a b 親の言葉に救われた…元PL緒方凌介氏は阪神広報に”. 日刊スポーツ (2018年12月24日). 2018年12月31日閲覧。
  15. ^ 東洋大・緒方、来季は3冠王が照準”. 日刊スポーツ (2011年12月24日). 2014年5月14日閲覧。
  16. ^ 「桧山、今岡超える逸材」東洋大・緒方「3冠王狙う」”. スポーツニッポン (2012年1月9日). 2014年5月14日閲覧。
  17. ^ 阪神6位・緒方凌介「成長を促したリーダーとしての自覚」~ルーキーたちの軌跡No.4~”. Sports Communications (2012年12月2日). 2014-05-141閲覧。
  18. ^ 阪神・緒方結婚していた!すでに第1子誕生 12月に挙式”. スポーツニッポン (2016年11月28日). 2018年3月5日閲覧。
  19. ^ これぞ金本流 死球緒方に「骨か肉か」”. デイリースポーツ (2016年3月4日). 2018年3月5日閲覧。

関連項目[編集]