線形化 (第一原理バンド計算)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

第一原理バンド計算において線形化(せんけいか)とは、固有値問題を解くための手法の一つである。

全電子を扱うバンド計算手法であるAPW法において、その解くべき行列要素に求めるべきエネルギー固有値が含まれている問題を解決するために、線形化が行われた[1]

線形化は、基底関数に対して行われる。1 Ry程度の狭いエネルギー領域では基底関数が含む解くべきエネルギー固有値を排除した形(線形な表式)にすることが出来る。但し、この線形化に伴いゴーストバンドの問題が生ずる場合がある。

参考文献[編集]

  1. ^ Andersen (1975).
  • O. K. Andersen (1975). Phys. Rev. B 12: 3060. 

関連項目[編集]