編機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

編機(あみき)とは編み物へと編みあげる機械軍手靴下など、殆どの編み物の生産に使用される。

概要[編集]

古くから手作業で編み物が作られて来たが、産業革命以降は機械化が進むようになった。現在では複雑な形状、模様に対応可能なコンピュータ制御の編機が主流を占める[1]メリヤスの生産では回転式の編機が使用される。

また、はるかLDREX[2][3]きく8号の展開式パラボラアンテナや心臓サポートネット[4]の製造にも使用される。

家庭用編機[編集]

マフラーのような直線で構成される編み物であれば家庭用の編機でも製造できる。

OpenKnit[編集]

オープンソースハードウェアのOpenKnitプロジェクトが進められる[5][6]

主なメーカー[編集]

工業用
家庭用
  • ドレスイン - 下記のシルバー精工から事業継承。
撤退したメーカー

脚注[編集]