縁台将棋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

縁台将棋(えんだいしょうぎ)は、夕涼みがてらに演題で指す将棋のこと。転じて、下手同士が打つ将棋のことをさす[1]

縁台将棋盤を出して将棋を指すこと[2]

昔は縁台に二つ折れの将棋盤、一枚ものの将棋盤、縁台に升目を掘って墨汁を流し込んだもので将棋を行なっていた。これは隣近所の付き合いも関係している。しかし、現代は少しずつ死語になりつつある[3]

将棋大会や将棋クラブと異なり、気軽に指すことができることから庶民に人気があった。

指し手の棋力は低いことが多く、アヒル囲いなど特定の戦法・囲いが多用されるなどの特徴もあり今日ではあまり上手でない将棋の代名詞ともなっている。

おもに夏の夕方に縁台と将棋盤を庭先や路地に出して将棋を指す。ビールを飲みながら指すことも一般的であり、ほとんどの場合は夕涼みを兼ねている。路地で指す場合には通行人が観戦し、通行人をも巻き込んで熱中する姿も見られた。また銭湯で湯涼みを兼ねて指されることも多かった。

作品[編集]

北京の街角でシャンチーの盤を囲む人たち

このような光景は昭和時代の映画や漫画、もしくは扱ったそれらでも描かれた(たとえば昭和30年代・40年代を扱った北見けんいちの『焼けあとの元気くん』、長谷川町子の『サザエさん』など)が、縁台が使用されなくなるとともに徐々に姿を消した。令和時代における今日では、都市部でこのような光景を見ることは稀である(青空将棋や縁台将棋のイベントがある程度)。一方で中国では今も中年男性が街角でシャンチー(中国象棋)を指す姿が見られる。

大会・イベント[編集]

  • 日本将棋連盟主催「子供縁台将棋」[4]
  • 第10回日本橋みゆき通り街づくり委員会「子供縁台将棋大会」[5]
  • 和丘祭 縁台将棋大会[6]
  • まちかど縁台将棋[7]

脚注[編集]

  1. ^ 広辞苑第七版. 岩波書店 
  2. ^ 関西将棋辞典” (日本語). 関西将棋会館. 2020年8月21日閲覧。
  3. ^ |大阪商業大学 | 商業史博物館 | 日本商業史 | 近世大阪の商業 | 将棋の風俗史 3 |”. moch.daishodai.ac.jp. 2020年8月21日閲覧。
  4. ^ 将棋大会「子供縁台将棋」のおしらせ|イベント|日本将棋連盟” (日本語). www.shogi.or.jp. 2020年8月21日閲覧。
  5. ^ 第10回日本橋みゆき通り街づくり委員会「子供縁台将棋大会」のお知らせ|イベント|日本将棋連盟” (日本語). www.shogi.or.jp. 2020年8月21日閲覧。
  6. ^ 和丘祭 縁台将棋大会”. 2020年8月22日閲覧。
  7. ^ 価格.com - 「まちかど縁台将棋」に関連する情報 | テレビ紹介情報”. kakaku.com. 2020年8月21日閲覧。