總見寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
總見寺
Soukenji hondo.jpg
所在地 愛知県名古屋市中区大須3丁目
位置 北緯35度9分35.4秒
東経136度54分10.88秒
山号 景陽山
宗旨 臨済宗
宗派 妙心寺派
本尊 薬師如来
創建年 天正年間
開山 虎關師錬
忠嶽瑞恕(清洲越し後)
正式名 景陽山 總見寺
文化財 【愛知県指定文化財】
織田信長公画像、旧清洲城障壁画、伝虎関師錬頂相、長谷川宗宅筆蘇東坡杜少陵騎馬図、南蛮渡り金入織物紙入(伝信長公所用) 附 立涌亀甲文刺繍切一切、古喚鐘(延慶四年在銘)、堆烏・長方形の蓋、打刀拵(水野太郎左衛門拝領)、景川和尚墨跡
【名古屋市指定文化財】
紙本著色渡唐天神像
法人番号 8180005000276 ウィキデータを編集
テンプレートを表示
総見寺山門

總見寺[注 1](そうけんじ)は、愛知県名古屋市中区にある臨済宗妙心寺派寺院山号は景陽山。 織田信長ゆかりの寺院である。

歴史[編集]

初めは伊勢国大島村(現、三重県川越町[注 2])に西明寺という講寺であった。 1332年(元弘2年、正慶元年)虎關師錬が景陽山神賛寺と改め後醍醐天皇の勅により官寺となり、後に伊勢国安國寺[注 3] となった。

天正の頃、廃寺になりかかっていたのを織田信雄が父の菩提を弔うために清洲北市場(現、清須市一場)に移し安土摠見寺にならい總見寺[注 4] と改めた。忠嶽を開祖としたが、忠嶽は虎關を開山と仰ぎ自分は2世となった。

清洲越後[編集]

1611年(慶長16年)清洲越しにより名古屋南寺町(現、大須3丁目)に移る。その際、虎關は東福寺派であったので、法系を整えるために改めて忠嶽を開山とした[注 5]

開山以来、何人も妙心寺に進住している。 1630年(寛永7年) 3月、方丈が消失したが、1637年(寛永14年)の秋に藩主徳川義直が再建する。

初めは寺領1326石であったが、慶長伊奈備前検地後は300石となる。 1883年(明治16年) 4月、宮内省より本堂、庫裏再建のために金25円が下賜される。

本尊薬師如来坐像。山門仁王門となっている。

塔頭は初め12院あったが、江戸時代には光勝院、陽巖院、東林院、江月軒の5箇所に減少し、その後光勝院のみ残るが、明治維新後に塔頭から直末となっている。

信長公廟が存在するが、他の墓地は第二次世界大戦後の土地区画整理事業戦災復興都市計画)により平和公園へ移動している。

伽藍[編集]

  • 山門
  • 本堂
  • 織田信長公廟

文化財・所蔵品[編集]

愛知県指定文化財
  • 織田信長公画像[1]
  • 旧清洲城障壁画[2]
  • 伝虎関師錬頂相[3]
  • 長谷川宗宅筆蘇東坡杜少陵騎馬図[4]
  • 南蛮渡り金入織物紙入(伝信長公所用) 附 立涌亀甲文刺繍切一切[5]
  • 古喚鐘(延慶四年在銘)[6]
  • 堆烏・長方形の蓋[7]
  • 打刀拵(水野太郎左衛門拝領)[8]
  • 景川和尚墨跡[9]
名古屋市指定文化財
  • 紙本著色渡唐天神像[10]

拝観等[編集]

  • 常時拝観は行っていない。

交通[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 宗教法人の登記名は新字体の「総見寺」としている。
  2. ^ 「名古屋市史」によると「今三重県三重郡川越村大字縄生村字大島」とある。
  3. ^ 「清洲町史」所収「伊勢州長嶋記」によると「勢州桑名辺大島」となっている。
  4. ^ 単に当て字の違いであるが、「見寺」と書かれた文書もある。
  5. ^ 安土摠見寺(妙心寺派)を根拠としているので大徳寺派(大徳寺塔頭總見院)ではない。

出典[編集]

  1. ^ 織田信長公画像”. 文化財ナビ愛知. 2016年4月23日閲覧。
  2. ^ 旧清須城障壁画”. 文化財ナビ愛知. 2016年4月23日閲覧。
  3. ^ 伝虎関師錬頂相”. 文化財ナビ愛知. 2016年4月23日閲覧。
  4. ^ 長谷川宗宅筆蘇東坡杜少陵騎馬図”. 文化財ナビ愛知. 2016年4月23日閲覧。
  5. ^ 南蛮渡り金入織物紙入(伝信長公所用) 附 立涌亀甲文刺繍切一切”. 文化財ナビ愛知. 2016年4月23日閲覧。
  6. ^ 古喚鐘(延慶四年在銘)”. 文化財ナビ愛知. 2016年4月23日閲覧。
  7. ^ 堆烏・長方形の蓋”. 文化財ナビ愛知. 2016年4月23日閲覧。
  8. ^ 打刀拵(水野太郎左衛門拝領)”. 文化財ナビ愛知. 2016年4月23日閲覧。
  9. ^ 景川和尚墨跡”. 文化財ナビ愛知. 2016年4月23日閲覧。
  10. ^ 市指定文化財”. 名古屋市 (2012年10月19日). 2013年5月25日閲覧。

関連項目[編集]