繁沢就忠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
繁沢就忠
時代 江戸時代前期
生誕 寛永17年(1640年
死没 元禄4年11月21日1692年1月9日
改名 繁沢喜蔵(幼名)→繁沢就忠
別名 七十郎、市之助(通称
主君 毛利綱広
長州藩
氏族 繁沢家
父母 父:繁沢就真
氏守

繁沢 就忠(はんざわ なりただ)は、江戸時代前期の長州藩士。父は繁沢就真

生涯[編集]

寛永17年(1640年)、繁沢就真の子として生まれる。慶安元年(1648年8月1日毛利秀就の加冠により、七十郎通称と「就」の偏諱を与えられ、就忠を名乗った。

元禄4年(1692年)、53歳で死去した。跡を子の氏守(忠三郎、平左衛門)が継いだ。

参考文献[編集]