繆大亨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
姓名 繆大亨
時代 元代
生没年 生年不詳 - 1363年至正23年)
字・別名 -
本貫・出身地 定遠(現在の安徽省定遠県
職官 元帥→同僉枢密院事
爵位 -
諡号 -
陣営・所属 元→朱元璋
家族・一族 子:繆某(名前不詳)

繆 大亨(きゅう たいきょう、? - 1363年)は、末の軍人。定遠(現在の安徽省定遠県)の人。朱元璋に仕えて、彼の勢力拡大に貢献した。

生涯[編集]

はじめは元の義兵軍を率いていた。

1354年7月、濠を攻めていたが勝てず、元軍は敗れた。張知院と共に2万の兵で横澗山に篭った。朱元璋は夜襲で横澗山を攻めることを考えた。朱元璋の命を受けた花雲の夜襲により、繆大亨は息子と共に敗走したが、散り散りになった兵を集め、再編して迎撃の態勢をとった。朱元璋は説得のために叔貞を使者に送った。叔貞の説得に繆大亨は朱元璋に降伏した[1]

数々の戦いに参加し、多くの功績を上げて、元帥に抜擢された。

1357年10月[2]、揚州を攻略し、青軍元帥・張明鑒を降した。戦いの前、繆大亨は朱元璋に「賊は飢餓に困り、食糧の掠奪に奔れば、これを治めるのは難しくなります。彼らの勇猛さを用いて、我が軍に加えるべきです」と言った。これを容れた朱元璋は繆大亨に速やかに攻めるよう命じた。張明鑒を降し、数万の兵、軍馬2千余を得た。その後、張明鑒の将校の妻子を応天府に悉く送った。

1360年3月、淮海翼元帥府が江南分枢密院に改められ、繆大亨は同僉枢密院事となり、揚州、鎮江を統括した。善政を行い、民衆はこれを喜んだ。

1363年に亡くなった。

人物・逸話[編集]

  • 治世の才能を持ち、寛大で温厚な性格だった。
  • 率いる軍は厳粛で、掠奪や暴行を厳しく禁じていたので、民衆は大いに喜び、信頼を得ていた。
  • 朱元璋は鎮江を過ぎると嘆じて「繆将軍は生前、行いが正しくまっすぐで、間違いを犯すことはなかった。早くに亡くなったことが惜しまれる」と言って、繆大亨の墓を祭らせた。

脚注[編集]

  1. ^ 『明史』第1 本紀第1 太祖1によれば、2万の兵を得たと記されている。
  2. ^ 『明史紀事本末』巻2 平定東南、『続資治通鑑』巻214によれば、1357年9月と記されている。

参考文献[編集]

  • 『明史』 巻1 本紀第1 太祖1
  • 『明史』 巻134 列伝第22 繆大亨
  • 『明史紀事本末』 巻1 太祖起兵
  • 『明史紀事本末』 巻2 平定東南
  • 『続資治通鑑』 巻第211
  • 『続資治通鑑』 巻第214
  • 『続資治通鑑』 巻第215