織田信乗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
織田信乗
時代 江戸時代中期
生誕 不明
死没 明和9年9月16日1772年10月12日
別名 数馬(通称)
上野小幡藩世嗣
氏族 織田氏(信雄系信良流)
父母 織田信就
兄弟 信房信常信乗信右、長顕、信富
津田長季、津田正春正室ら8男3女
滝川利端室
呉姫
テンプレートを表示

織田 信乗(おだ のぶのり)は、江戸時代中期の上野国小幡藩の世嗣。通称は数馬。

生涯[編集]

4代藩主・織田信就の三男として誕生。

享保12年(1727年)3月27日、兄・信房の廃嫡に伴って父・信就の嫡子になった。享保15年(1730年)10月16日、眼病が治らないために廃嫡された。代わって、弟・信右が嫡子になった。明和9年(1772年)9月16日、死去。

系譜[編集]

正室はいない。『寛政重修諸家譜』によれば二女がある。長女は滝川利端室、次女は織田信邦正室となった。ただし、「御代々様・御連枝様方御事跡」によれば、次女(織田信邦室)は養女(実父織田信右)としている。おそらく、信右が部屋住のときに生まれた娘であり、嫡子になった信乗が引き取ったのであろう。