織田信兼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
織田信兼
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不明
死没 天正11年(1583年
別名 新八郎
主君 織田信孝
氏族 織田氏(信勝流)
父母 父:織田信行
兄弟 津田信澄津田信糺信兼

織田 信兼(おだ のぶかね)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将織田信孝の家臣。新八郎。

略歴[編集]

織田信行の三男として誕生。

天正9年(1581年)、第二次天正伊賀の乱の後、織田信長から伊賀国山田郡を与えられた。

本能寺の変直後に信孝が信兼の実兄・津田信澄を謀殺したが、信兼は変わらず信孝に仕え続けた。最期は信孝に殉じた。