織田信富

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
織田信富
時代 江戸時代中期
生誕 享保8年(1723年
死没 明和元年6月7日1764年7月5日
改名 長英(初名)→信富
別名 通称:主膳、靭負
官位 従五位下和泉守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家重家治
上野小幡藩
氏族 織田氏(信雄系信良流)
父母 父:織田信就、養父:織田信右
兄弟 信房信常信乗信右、長顕、信富、津田長季、津田正春正室ら8男3女
養兄弟:信賁信尹九鬼隆貞継室
なし
養子:呉姫信邦

織田 信富(おだ のぶとみ)は、江戸時代中期の大名上野国小幡藩6代藩主。通称は主膳、靭負。官位従五位下和泉守

生涯[編集]

4代藩主・織田信就の七男として誕生。初名は長英。

5代藩主の兄信右の長男であった信賁の死去に伴い、宝暦7年(1757年)12月11日、信右の養子となった。宝暦8年(1758年)3月1日に9代将軍・徳川家重御目見し、12月18日に従五位下和泉守に叙任された。宝暦9年(1759年)11月11日、信右の隠居により家督を継いだ。宝暦11年(1761年)8月11日、藩主として初めてお国入りを許可される。明和元年(1764年)6月7日死去、享年42。

兄たちと同様に病弱な上[1]、正室、子女ともになかった。丹波国柏原藩分家の高家旗本織田信栄の四男・信邦末期養子として家督を継いだ。

系譜[編集]

正室・子女ともになし

脚注[編集]

  1. ^ 信右以前に信房信常信乗の3人の兄が、病を理由に廃嫡されたり当初から嫡子とされなかった。